初心者には、水あげる→日光に当てるだけ | 魔法石の庭3rd

初心者には、水あげる→日光に当てるだけ

 私は、押しも押されぬ盆栽初心者です。
 多肉からこの園芸の世界に入ったせいか、「育った物はそのまま育てる」という感じでもやってこれました。

 でも、皆さんのブログを見たり、キンボンを読んだりすると、盆栽って「人の手が加わってこそ美しい」ものなんですよねー……。
 伸びっぱなし、成長させっぱなしは逆にマイナス評価になるようで。

 しかし、キンボンには、「確かに針金掛けなどの技術は学んでおいた方が良いですけど、それで樹木が弱ったり枯れたりしては本末転倒。初心者は、とりあえず剪定の時期を逃さないようにするのと、基本的な剪定を学んでおくだけでとりあえず針金掛けなどの木を『作る』作業は考えなくても大丈夫」だそうです。意訳ですが、こんな感じかと。

 まず、盆栽初心者には、水やりのタイミングが必要ですね。
 大抵の盆栽は、水を好みます。特に、夏場は水分が蒸発するので、一日に2回の水やりを必要とします。
 私が水をあげている時間帯は、朝、少なくとも11頃まで(その時間まではあんまり室温が上がらないので)と、夜22時頃です。それが合っているのかはわかりませんけど、とりあえずそれでやってます。

 特に、長寿梅は水を切らすとすぐ葉っぱを落としてしまうので、気をつけて世話しています。
 気難しい品種なんでしょうかね。でも、盆栽ってどの品種もそんなものらしいですけど。

 あと、長寿梅の木肌に、ちょっと割れてるところがあります。
 カメラで撮っても、私のカメラはマクロ撮影がないので上手く撮れないんですけど、芯食い虫?とも思いましたが、虫が入った形跡もないんですよねえ。
 盆栽って、こういうのも「味」なんでしょうか。ちなみに、その枝の葉っぱは元気です。

 あと、旭山桜の葉っぱが、相変わらずカールしています。
 到着した直後はこんなに丸くなってなかったはずなんですけどねー。何でしょう?
 ちなみに、害虫はいませんでした。調べた結果は、「桜は次の花芽に栄養を蓄えるので葉っぱに栄養が行き渡らない。丸まるのは自然なことです」との回答があり、そういえば、旭山が来た時に、「葉っぱにも水をかけるとよく生育する」とありました。葉水すれば葉っぱも元気になるんでしょうか。今のところ、枯れたりなんだりはしていませんけどね。

 病害虫は、葉ダニがウロウロしている以外は特に無しです。もっとも、虫が入ってこようとしても、網戸などでシャットアウトしているので侵入経路は断っているんですけどね。
 葉ダニも、増えることもなく、赤ダニ隊長が適度に捕食してくれているせいか、樹木に付かずに済んでいます。

 でも、よく考えれば、街路樹のソメイヨシノなんかを見ていると、葉っぱが丸まったり虫がついたりするのはある意味仕方ないことで、これも気にしすぎなのかなあ、と思います。

 ところで、ソメイヨシノですが、今日本にあるソメイヨシノは、戦後に持ち込まれたもののクローンで増やした木なので、寿命が来たら(100年程度)一気に枯れる……なんて都市伝説もあります。
 私が育てているのは旭山桜なので、山桜?とも思うのですが(接ぎ木の台は山桜ですしね)、まだ供給も安定しそうです。元々、盆栽家の中でも、桜って育てている人が少ないって言いますしね。

 でも、部屋の中で花見ができるのは魅力的ですねえ。
 うまく咲いたら、夜の静かな時間に、ゆっくりと酒でも飲みながら一人で花見したいものです。その前に長寿梅の開花が先ですかね?春が楽しみですね!

 あ、あと、盆栽カテゴリの順位に戸惑っています。どうしてこうなった。
 登録者数が少ないとはいえ、50位圏内。本当にぽち等の応援ありがとうございます!
 以前の多肉の分もポチがあるので、そのせいかとも思うんですけどね。つかの間の高順位を楽しみたいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示