多肉は水切れ、盆栽は水やり必須! | 魔法石の庭3rd

多肉は水切れ、盆栽は水やり必須!

 なんか、やけに文字数を埋めないと!と思ってしまう性分なので、余計なことまで書いてしまっているような……でも、それで楽しんでくれている人がいるならいいか、と思います。別に、多肉以外のことばかり書いてても、私の過去のあれこれを書いてても、ここは私のブログなんだから、そんなの好きにすればいいじゃんって思いますね。よし、初心に返った。ここは「わしが育てた」ブログですので、好きなことを書きます。うん、それで良い。

 で、アロエベラ(一応多肉)なんですけど……。
 もう一週間ほど水を切っているのですが、こんなに元気!
073

 横から見るとパッカーンって。上から撮ってるんですけど。
「アロエは半年間水をやらなくても復活した」と言われるぐらい、水のない環境でも育ちます。というか、多肉全般に言えることなんですけど、成長期の春と秋以外は、完全に水を切ってしまっても問題ないらしいんですよねえ。どうしても水をあげるのなら、月に2~3回程度。それで十分だと。

 夏に水をあげると、確かに成長は早くなりますが、それ以前に根腐れの心配があります。特に、半日陰でたっぷりと水を含んでいる植物は、蒸れとかで根腐れしやすく、また、葉っぱも腐ったりして病気の原因になります。
 水をあげるタイミングは、完全に土が乾いてからさらに2~3日置いた状態がベストだそうです。

 逆に、水をあげないといけないのは、私が育てている盆栽の長寿梅(ホントはボケ)と旭山桜。これは本気で、水を切らすとすぐに葉っぱに表れます。ちょっと水が足りないよ、と言うときは葉っぱが丸まり、もうヤバいよヤバいよという時は葉っぱが黄色くなって枯れていきます。
 この種類は、夏場は特に一日に2回の水やりを必要とします。

 その中間に値するのが、観葉植物です。これは、一日1回の水やりが必要なものもありますが、だいたい2日に一回で事足ります。でも、それも「だいたいこれぐらい」という目安でして、「その木の特性によってその都度水やりオッケーかを柔軟に判断する」技術が必要になります。
 水を欲しがるシダ類も、梅雨の時期は涼しいので、葉水(葉っぱに霧吹きで水をかけてあげる)だけで乗り切れることもありますね。

 そういえば、太古の記憶から思い出したのですが、ビニールハウス内の植物は毎日、水やりを朝と夕方2回にあげていた気がします。で、温室のバナナの木とか生えてる部分はノータッチ。まあ、まだ私が高校1年生とか2年生で雑用係だったから関わらせてもらえなかったというのもあるかもしれませんけど。
 鉢物って、水やり2回(ただし、温室なら)が基本なのかもしれませんね。

 そういえば、私は右左がとっさにわからなかったり、簡単な計算も指を使わないとできなかったりする、いわゆる「高機能障害=アスペルガー」なのかもしれませんけど、学生時代、「これ持っていって」と押し車ごと土の処分を任された時に、そのまま台車を持ち上げて先生の横の畝のところを通ろうとして、先生に「それは無理だろw」と言われたことがあります。
 先生は、私が冗談でやったことだと思ってたらしいですけど、私は本気だったんですよ。で、その時初めて「私はちょっと頭が変なのかも知れない」と思ってきました。

 今も、頭は変なままですし、天然で上司とかに笑われて「かみなさんは面白いなあ」と言われるのですが、私はウケようとして喋ってるわけでなく、だからいつもきょとんとして「え、そうですか?」と答えるしかないんですけど。
 まあ、パートといっても障害者施設なので、もっと変な人とか一杯いますけどねえ。でも、余計な知識を沢山持っていて(ネットとか本で調べた)、上司にとっては「興味深い人物」というのが私の査定結果なのだと思います。嫌われてはいないようですけどね。

 だからまあ、私はアスペルガーの気があるのかもしれません。
 アスペっていうと、計算が速くできたり、数学問題に強いというイメージがありますが、文系のアスペもいるんですよー。
 うちの母も弟も若干アスペだとにらんでいるのですが、やっぱ遺伝なんですよねえ……。まあ、私は平和主義のアスペなので、他の人には(一部)無害です。時々爆発してとんでもないことを言い出しますけどね。それもアスペっぽいと言われればそうなんでしょうなあ。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示