樹木に宿る妖精 | 魔法石の庭3rd

樹木に宿る妖精

 なんか、ブログ村の表示が変ですね?メンテ来るか?

 さて、私は……今まで寝ていました。約10時間。なんで?
 でも、まだ眠いです……。また寝るかも。明日仕事ですけど。できればサイクル作っておきたいんですけど。

 あと、ブログ村の方のプロフィール画像、登録しました。
「多肉ブログの中で一つだけno imageだったのが見つけやすかったのに」とかいう異論は……受け付けています!バンバン異論を唱えてください。
 ちなみに、あれ、逆光で失敗してる写真じゃなくて、一応逆光でかっこいい植物たちのポーズ!というイメージで撮りました。

 それと、ブログ村にイメージ写真を載せる場合ですけど。
 写真の大きさとか解像度とかも影響するんですけど、それ以前に、なんと「過去にブログ村に記事などで載せた写真は反映されない」とかいう話も聞きました。
 最初、私も過去の画像から取ってきて載せたんですけど、確かに何時間経っても反映されなかったような。どうなんでしょうね。

 さて、植物たちの様子ですが、特にこれといって変わりはなく……。
 相変わらず白牡丹は徒長してますし、アーモンドネックレスは傷が付いちゃいましたし、植物の置き場所はないし、色々とトラブルはありますが、まあ、それも多分、どうでもいいことでしょうし。

 強いて言うなら、昨日、キジムナーの足音を聞きました。
 私はお風呂の時間まで寝ていて、ピピピとかけておいたアラームが鳴ったのですが、完全に覚醒している状態で、なんだか猫ぐらいの大きさの動物が歩いている音がしたのです。
 最初、「猫が入ってきて歩いてるのかな?」と思ったのですが、見渡してみても何もおらず。で、次に「まさか、泥棒?」と思ったのですが、やっぱり誰もいない。

 で、「キジムナーか!」と思い当たって、多分キジムナーの仕業だろうと勝手に思っています。
 そう考えた方が楽しいからです。キジムナー、あんなに大きかったっけ?とも思うんですけど。
 最近、キジムナー出てこないな?と思ってたら、私が寝た後に出てきてたのか……なるほどな、と思いました。今度は姿が見れたらいいなあ……。でも、私の能力だと、姿は別次元からアクセスしないと見えない(何を言ってるかわからないと思いますが、私も書いててよくわかっていません)ですし。

 別次元っていうのも、どう説明したらいいのか……。そうですね。このブログを昔から知ってる人はわかると思いますけど、以前私は「スピリット界」というヘミシンカーでいう「非物質界」にアクセスして、その模様をブログに書いていました。
 その、非物質界にアクセスしているのと似ている波長で、現実で目を開けていると見える、というか。幽霊なんかはこの方法だと見えないのですが、多分、元人間である幽霊とはまたアクセスする場所が違うのでしょう。

 私は、どうやら妖怪とかガイドとかの「人間以外のもの」と波長が合うらしいのです。
 こういうところの詳しい話は、別館のスピリチュアル館でしているのですが……あ、やっぱダメ。今見ちゃダメ。かなり恥ずかしい記事が最新に出てますから。

 ともかく、キジムナーの足音は現実で聞けたので、私は「妖怪はいる!」と思いますね。
 まだ、キジムナーかどうかはわからないですし、他の植物の妖精かもしれないんですけど……。妖精って、羽が生えてて飛んでるやつでしょ?と思うかもしれませんが、地面を歩く妖精の方が多いらしいです。今の妖精のイメージってティンカーベルみたいなのですが、普通に「小さいおっさん」の妖精の方が多いのです。

 ノームとかコボルトとかがその代表格でしょうかね。ノームは鉱山に住む妖精で、鉱物のありかを人間に教えてくれると言います。
 あと、悪い妖精ってのもいて、レッドキャップとかは人間に害を与えます。でもまあ、普通の妖精は、普通に暮らしている、人間とあまり変わらない種族だといいますけどね。

 なんで妖精の話になったんでしたっけ……そうそう、キジムナー。
 キジムナーも良い妖精ですが、人間に友好的だからといってキジムナーやガジュマルを粗末に扱うと怒って仕返しをします。まあ、普通に暮らしていれば、一緒に暮らせる良い妖精だと思いますけどね。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示