ハッカ油の涼感スプレーの作り方 | 魔法石の庭3rd

ハッカ油の涼感スプレーの作り方

 多肉とは関係ないのですが、これから夏にかけて是非皆さんに作って貰いたいスプレーがあります。

 用意するものは、ハッカ油(日本薬局方。ドラッグストアなどで精製水とか置いてあるコーナーに多分あるはず)・水・化粧水を移し替えるような小さいスプレー……以上。

 作り方も簡単。スプレーに、なみなみに水を入れ、そこにハッカ油を1~2滴垂らすだけ(物足りない人はもっと入れても構いません)。ただし、日本薬局方のハッカ油はどばっと出る容器になっているので、フタに少量取り分けてから入れるのがポイントです。
 
 で、これは何に使うスプレーかというと、主に体にかけます。制汗剤の容量でシュッシュと首回りから体、足にも使えます。
 そうすると、スースーしてとても気持ちが良いのです。風が吹き込むような部屋なら、30度前後くらいなら冷房をつけずにも過ごせます。
 また、気になる汗の臭いや体臭も防いでくれるという、まさに夢のようなスプレーなのです。

 私は、夏になるとこれを作り、仕事の際にはバッグの中に入れて、行き帰りの自転車に乗るときにスプレーしています。
 人間はうなじや首を冷やすと冷感を感じるので、さすがに人前では体には塗れませんが、制汗スプレーと同じように首の周りと脇の下にスプレーしています。

 ただし、注意することがあるのです。
 ハッカ油がどばっと入ってしまうと、そのスプレーは恐怖の「夏なのに毛布を被らないと寒くていられない」状態に陥ります。
 くれぐれも、ハッカ油の入れすぎにはご注意を。

 というのも、昔、「探偵ナイトスクープ」で、「アイヌの涙」という入浴剤(これもハッカ油使用)を入れすぎると夏なのに冬状態!?という実験をしていまして、本当に真夏なのに、アイヌの涙を入れて入浴すると、「寒い!寒い!」と芸人が毛布にくるまり、鍋焼きうどんをすする始末に……。
 
 ちなみに、このハッカ油、体に塗って涼感を得る以外に、トイレの後の匂いを消したい時にもスプレーするとすぐ消えます。
 私はこれを、2chの「クーラーを使わずに夏を乗り切る!」というスレで学びました。さすがに40度くらいの熱だとハッカ油も最初は涼しいのですが、すぐに蒸発してしまって、焼け石に水でしたが。
 まあ、40度でも、前記したハッカ油の量を調整すると過ごせるかもしれません。私は夏場はすぐ冷房入れてしまいますけどね。

 爽やかなハッカ油、皆さんもいかがですか?
スポンサーサイト

コメント

おおっ!!!!Σ(@д@)
暑がりな私にとっては、これはとても良い事を聞きました!!暇な時にドラッグストアに行って材料を購入して、早速自分自身の身体で実験してみようかなと思いますよ!!www
Re: タイトルなし
文章を読んでいて、○○さんが私を元気づけてくれようとする優しい気持ちが伝わってきました。
本当にありがとうございます。
○○さん含む、読者の皆様には、本当に感謝しかありません。

「欠陥品」というのも、確かに容易に人を傷つける言葉だったと思っています。
同じ病気の方全てがもちろん「欠陥品」というわけではなく。私自身が私のことをそう値踏みしているだけで。
でも、同じ病気の子が元彼に「精神障害者のくせに」と罵られていたという話を聞いては、憤慨したりしてたんですよね。矛盾してますかねえ。

涼感スプレーは効きますよ~。
暑がりなら3~4滴入れて作っても良いかもしれません。そこのところは調整お願いします。
これでクーラー付けると、真夏でもスースーして気持ちいいです。自転車に乗ると、風が肌に当たるので、もっと良い感じになりますよ。

管理者のみに表示