セダムとミクロフィラとつる性ガジュマル | 魔法石の庭3rd

セダムとミクロフィラとつる性ガジュマル

 最後の植物便!……多分です。もう増やさないと思います。

 画面がうるさい(3鉢も買うから……)。そのうち、個別に写真で紹介します。
 とりあえず集合写真。
042

 左から、コーカサスキリンソウ(セダム)、ミクロフィラ、つる性ガジュマル……と並べています。
 画面がうるさくならないように色々と配置も考えましたが、最終的にミクロフィラがセンターじゃないとどうしてもミクロフィラがしょぼくれて見えるので、こうなりました。

 どの種類も、「日光によく当てること」と書かれています。
 なので、減らした分だけ窓辺組に。

 セダムって、グラウンドカバーって言われていますが、私の想像していたグラウンドって、サッカーとかやる芝生のグラウンドだったんですよねえ。
 園芸では、寄せ植えなどで土が見えないようにするのがグラウンドカバー(多分そういう感じのニュアンス)だったのですね。そりゃ、スポーツやるのに踏むような多肉じゃないでしょ……。どんな勘違いだよ、私。

 ちなみに、セダムは生育旺盛で、もさもさ増えるらしいですよ!やったー!もさもさするの好き。

 ミクロフィラは、貧相に見えますが、こういう植物です。
 面白いでしょ?むき出しの枝に葉っぱがぽつぽつと付いているんですよ。
 なんでも、別名「メルヘンの木」とも言われます。これも、日光大好き。葉っぱが少ないのに、日光好きって珍しいですよね。

 最後に、つる性ガジュマルです。
 今、家にあるガジュマルはこれで3体目ですね。どんだけガジュマル好きなんだよって話です。
 その名の通り、這うように成長します。ニンジンの根っこはありませんが、これはこれで面白い。

 しかし、改めて見ると、ミクロフィラって写真撮るの難しいですね。どうしても引きで撮ると、しょぼく見えますし。
 まあ、しょぼく見えないように成長させればいいんですけどね。
 セダムとガジュマルがボリュームあるので、余計貧相に見えるのかも。

 でも、大丈夫です!私は巨乳も貧乳も好きですよ!(なんの話だ)
 3体一気に写真に撮ると、ボン!キュ!ボン!で良い感じに見えませんか……?見えませんか。そいつは困った。

 さて。
 これからの方針としては、お迎えラッシュは一時お休みにして(しないとは宣言しない)、今ある植物の育ち方とかを書いていこうと思います。
 皆元気ですしね。頑張って育てて、その模様を皆さんにお伝えできたらな、と思っています。

 私が「植物を育てる資格なんてないのかもしれない」とへこんでいたときに書いたのが、昨日の文章であり。
 あの文章を書いたら、沢山の方にお越し頂きました。それで、「……別に、祖母も母も『園芸趣味自体を辞めろ』と言われたわけではないし、辞める必要もないかな。もうちょっと、もうちょっとだけ頑張ってみよう」と思う気持ちが今はあります。

 私のブログは、皆さんに支えられています。本当に、ありがとうございます。私、頑張って多肉たちや植物たちの生を全うさせるまで世話をし続けると約束します。
 これからも、どうぞこのブログをよろしくお願いしますね。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示