大きいガジュマルさん、来襲 | 魔法石の庭3rd

大きいガジュマルさん、来襲

 今日の夜、「もう増やすのはいいかー」って言ってましたね、私。
 ……昨日の今日でなんなんだろうねー。

038

 はい、ガジュマルさんの大鉢です。実は、夜、記事をアップしたあと、セダムがどうしても欲しい!ってなって、ネットショップで注文してしまったのですよ。
 でも、小銭がない。ということで、近くのホームセンターで考えていたハートカズラ用の吊りかごでも買おうかと出向いたのですが……。

 ……なんでガジュマルさんが増えるかなあ。ちなみに、これで400円でした。安くない!?
 他にも、クワズイモとか楓とかありましたが、楓は葉っぱが落ちるから冬に水をやるタイミングがわからない。クワズイモは100均にも売ってるし。ガジュマルさんが2つあるのも景気が良いじゃないか、と思って買ってしまいました。

 ガジュマルさん、意外と水は要らないんですよ。あげすぎると、すぐ根腐れします。
 だから、多肉と同じ……にはならないかなあ。

 しかし、日陰にあったとはいえ、やっぱ高くてでかいガジュマルさんは迫力が違います。100均のガジュマルさんは、それはそれで可愛いのですが、でかいガジュマルさんは「神木!」って感じがします。
 ここまで育てるのに、何年かかるんだろうなあ……。あと、根っこの形が本当の人間みたい。粗末にすると祟るといい、なんだかマンドラゴラに似てる気がしますよ。
 
 挿してあった簡単な「育て方」のプレートを見たら、「日差しを好むが、オフィスなどの日陰でも育てられる」と書いてありました。
 なので、100均のガジュマルさんを中に取り込み、大きいガジュマルさんを窓辺に出しました。
 
 さて、キジムナーですが、大きいガジュマルさんを持って帰る途中に、向かい側を走っていた自転車のおば様の帽子が飛ばされ、思わずブレーキを踏んだら、私の足下に。で、拾ってあげたところ、とても恐縮されてしまいましたが、「ありがとうございます」と言われ、なんかウキウキした気分に。
 誰かに「ありがとう」って言われるのって、こんなに嬉しいんだ、と思いました。

 これもガジュマルさんの力かな?と思っていたら、ガジュマルさんを窓辺に置いてしばらくしたら、ポロポロっと数匹の3cmくらいのキジムナーが3匹ほど出てきました。
 やっぱり、ガジュマルさんにはキジムナーがセットなんだなあと思っていると、キジムナーがニコニコしています。
 なんか、どっかで見た顔……と思ったら、ネットで見た、「笑うフクロウ」の顔でした。

 どうやら、おば様の件は、キジムナーに試されたようです。キジムナーは時々、人にいたずらをしたりするんですけど、それは無邪気な子供の心を持っているからであり、そんなに酷いいたずらはせず、逆にいたずらをした人間には謝罪として、幸福を与えるという一面もあります。

 で、割とすぐ私に懐いて、今、合計5匹のキジムナーと暮らしています。
 途中、100均のキジムナーと肩に登るのに邪魔だったのか、つかみ合いのケンカを始めたので、「止めなさいよ。仲良くしなさい」と言っておきました。まあ、すぐには慣れないとは思いますが、私には懐いてくれているようなので、平気です。
 一匹は、引っ込み思案なのか、私の後ろに隠れて移動します。

 しかし、キジムナー4体が肩や頭の上にいると、肩凝ったりしますねえ。現実でもちゃんと精神世界と繋がってるんだなあ、と思います。

 しっかし、本当に私の「もう増やさない」とか「もう買わない」宣言はアテになりません。この……ダメ人間!!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示