一緒に、生きていこう。 | 魔法石の庭3rd

一緒に、生きていこう。

 日々、変化し続けるのが生き物であり、植物も例外ではありません。
 育ったり、花芽を付けたり、逆にだめになったり……。植物を撮っていて、本当にそう思います。きっと、人間も、日々変化し続ける生き物なのかもしれませんね。

 あ、あ~!!

037

 ハートカズラに新芽が出てました~!やった~!
 腐葉土かと思ったら普通の土だったりで、色々とやりましたが、最終的には「まあいいか。めんどくさい。植物なんて土があればアスファルトでも育つよ」と放置の兆しを見せていたのですが、気になってその後、ちらちら見ていたのです。

 良かった、根付いた!……でも、新芽が出ているのは、一番伸びている茎と2番目に伸びている茎です。これ以上でかくなるのか。
 今、多肉置き場に使っている机は、大体50cmくらいの机で、それでも一番伸びた茎は既に下についています。これ、どうすんの?

 放っておくと、ハートカズラは2mにもなると聞いているので、ちょっとガクブルです。
 でもまあ、植物はやんちゃでも元気が一番。わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい。そんな言葉が身に染みる今日この頃です。

 ちなみに、届いた直後は、水を貰っていなかったのか、しわしわだった葉っぱも、育てるにつれてピンピンしてきました。約1mの茎も、葉っぱの先までピンピン。こういうのがあるから、植物はやめられないのですよね-。
 
 逆に、休眠の準備に入る植物もあり。アルブカなんかは、そろそろ葉っぱがしなってきました。まだ一部だけですけど。お花、早くしないと枯れちゃうぞ、と一人でチキンレースして焦っています。アルブカの花は、匂いがとても良いと噂されているので、自分の鼻で確認してみたいです。

 さて。
 植物を相手にして、タニラーとなって、10鉢以上集めた今、「もう増やすのはいいかな」という気になっています。
 それより、今あるものを大事にして、花芽が出たとか、根腐れしたとか、そういうので一喜一憂するのもいいかな、と。
 以前買って、色々と人生に迷った時に引いているオラクルカードで、とあるカードの意味が思い出されます。

「幸せは向こう側にあるものではなく、手元にあるものです。自分の手にあるものを大事にしましょう。それがきっと、あなたの幸せにつながるのですから」

 手元にある幸せ。いや、今、手元にない幸せだって、「欲しい」という欲望も引き寄せる力があってこそ。全ては私たちの手の中にあるのかもしれません。

 そんな抽象的なことを考えてしまうのは、植物たちとの出会いがあったからこそ。
 出会って、惹かれて、手に入れて、またいつか別れる。
 別れるのが明日かもしれませんし、数十年後かもしれませんが、その日は必ずやってくるのです。それが、他人に譲ることか、それとも死別によるものか、それはまだわかりません。

 でも、その「きっと来る別れの日」を憂うより、「今一緒に生きる幸せ」を喜びたい。これは、ペットや家族恋人でも同じかも知れませんが、私は、植物と暮らすようになってから、ようやくその考えにたどり着きました。ペットや家族だと、私の場合、距離感が近すぎて、あまりそういう哲学的なことを思わないのかも……。

 ほどほどの距離感と、近すぎる距離感。それもまた、どっちが悪いというわけではなく、「そういう風にできているもの」なのかもしれません。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示