元気のある多肉と、元気のないガジュマル | 魔法石の庭3rd

元気のある多肉と、元気のないガジュマル

 うーむ……。
036

 ピーチネックレスが荒ぶっておられる……。植え替えるにも、ちょうどいい大きさのポットがなく。
 で、ちょっと調べてみたところ、「あまりにも増えすぎて困る品種は、根っこをハサミでちょきちょき切ると良い」という一文がありました。
 ね、根っこを切る!?ちょっとそれ、ハードル高いんですけど……。
 
 それに、増えすぎて困ってるわけでもなく、むしろ垂れ下がるほど元気になって欲しいんですよねえ。このままでもいいかな。とは思ってきてるんですけど。

 ちなみに、水をやるときは上からかけちゃって平気です。ネックレス系は葉っぱが丸いので、そのまま普通に浸透していきます。
 上からかけるのはダメだけど、水やりはしないと……という人は、腰水といって、水の入った皿の上に鉢を置くと、勝手に水を吸収してくれます。便利なので覚えておいて損はないですよ。

 それと、ルビーネックレスがなんか落ち着いたようです。一時期、すごく元気で新芽を伸ばしたのですが、最近はそうでもなくなり。夏だからかな?と思ったのですが、ネックレス系って夏も活動するんでしたっけ。ピーチとか適当に置いているので、陰になっちゃってるのかも。でも、陰になったらお日様の方向に徒長するよなあ、と。

 あと、虹の玉が再び気根を出し始めました。
 1回、全部むしったのですが、梅雨に入って蒸し蒸しし始めたせいか、気根が復活しています。ムダ毛の処理みたい……とか思ってしまうのですけど。
 ちなみに、ヒゲを抜いている男性も少数ながらいるのですよ。
 昔、ヴォーグか何かの雑誌で、美容アドバイザーのdr.大高という男性の先生が連載を持っていたのですが、その先生は「私はヒゲは抜いてるわよ(オネエ口調ですが、奥様持ち)」とおっしゃってました。

 それと、マサイの矢が徒長?という話もしましたが、あれは徒長じゃなくて、普通のマサイの矢ってあんな風に上に伸びるのだそうです。
 むしろ、今までぺたんとしていたのが異様だったわけで。それを聞いて、ちょっとほっとしました。

 ガジュマルさんですが、どうも葉っぱがペラペラしていてしっかりしません。
 100均という環境の悪い場所で育ったから?とも思うのですが。水は、2日に1回あげています。あんまりあげると、ガジュマルは根腐れするので。
 そして、昨日辺りから日差しが良く当たる場所に引っ越ししました。でも、梅雨入りで曇天続きなんですよねえ。ちょっと可哀想なガジュマルさん。

 キジムナーが来て、しきりにガジュマルの様子を見るように伝えてくるのですが、こればかりは自力でなんとかしてもらうしかないわけで。
 下手に水をあげすぎたり、肥料をやったりすると、裏目に出ることもありますし。
 だから、「私にできるのは今はこれが精一杯」と伝えています。伝わっているのか疑問ですけど。

 そういえば……キジムナー、増えています。
 多分2匹いるかと……。ガジュマルの様子を見に行くよう伝えてきたところで、同じように5cmほどの小さな個体が私の逆の腕を掴んで引っ張っていましたから。
 はっきり見えれば、「1匹だけ」とか「2匹いる」ってわかるんですけどね。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示