これからの季節は休眠期 | 魔法石の庭3rd

これからの季節は休眠期

 今日、水をやりすぎると腐ってしまうので、カラカラのまま放置していた虹の玉の葉挿し床を見てみると……。

 ……ん?なんか、小さい緑っぽいのが出てる気がする。

 ……あ!赤ちゃんだ!赤ちゃん芽キタコレ!!

 残念ながら、私の持っているカメラでは接近撮影ができないのでわからないかと思って撮らなかったのですが、確かに赤ちゃん芽が出ています。
 やっぱ、カラカラの方が良いんですねえ……。

 ちなみに、同じ時期に挿し芽したもののうち、4つのうち2つが赤ちゃん芽が出ていました。
 赤ちゃん芽ですが、根っこの生えた部分と同じところから生えてきます。葉っぱが本体から抜け落ちて、根元の部分が膨らんでいたら、根っこや芽が出る葉っぱの特徴で、茶色く固くなっていたらそれは死んだ葉っぱということらしいです。

 この後の処置ですが、赤ちゃん芽は元の葉っぱから栄養をもらいながら成長し(人間で言う胎盤みたいなものですかね)、赤ちゃん芽が大きくなるにつれて元の葉っぱはしぼんできて、そのうちカサカサの枯れた状態になるので、そうなったら芽に直接水を与え、カサカサになった葉っぱは取り除くそうです。うまくできてるものですね。

 しかし、1回は失敗したかと思いましたよ-。良かった良かった。……って、そういえば増殖させてこれ、どうするの?
 しょうがないので、職場に持っていって、里親を探そうと思います。誰か貰ってくれるよね……?

 あと、黒法師のこの状態
010
 向かって左のやつ。

 これ、皆さんの黒法師の写真と全然違うな?葉っぱも少ないし……と、思っていたら、休眠のサインだそうです。
 色んな多肉が真夏は休眠するのですが、黒法師も例外ではなく、下の葉っぱを落として休眠するのだそうで。

 うーん、5月、暑かったからですかねえ。天気予報を見ると、来週も暑くなりそうということですし。
 しかし、タニラーの人々、暑いからといって窓を開けたままやビニールを上げたまま出勤したりは止めましょう。突風が来たら、ぐしゃっと……なる恐れがあります。
 あと、葉焼けの原因にもなりますので、必ず多肉棚をお持ちの人は、覆いのビニールの用意をお願いします。

 今年はどうも6月も雨が少ないそうで、暑い日が続くとのこと。
 ネックレス系は夏もどんどん成長しますが、それ以外の多肉は成長を止め、休眠します。この休眠の時期に水をやりすぎたりすると、根腐れの原因にもなりますので、ご注意を。
 ……まあ、私が巡回しているブロガーさんの中には、「夏も水は与える。すると、うるうるのプリプリになる」という人もいるので、多肉を置いている環境とかによって処置は違ってくるのかもしれませんけどね。

 ちなみに、私が買ったハニーミントさんの「ピーチネックレスの育て方」を読んでいたところ、「水はたっぷりと与えます。1日に1回は与えます」と書かれており、「うーん」と思ってしまいました。

 確かに、ハニーミントさんの多肉栽培場はビニールハウスで、多分多肉としては理想的な環境で育てているので、そうなるのかもしれませんが、多くの多肉の栽培方法を見ていると、「ネックレス系も他の多肉と同じく、乾燥気味に育てます。少しシワが寄ってくるぐらいで与えるのが理想です」って書いてあるんですよねえ。

 なので、私は間をとって、2~3日に1回水やりをしています。休眠している多肉は、1週間に1回程度。
 こんな感じでも、ちゃんと育ってくれていますよ。多少雑でも平気なのが多肉です!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示