念願の黒法師と、一目惚れクラッスラ | 魔法石の庭3rd

念願の黒法師と、一目惚れクラッスラ

 あー、久しぶりに働いた働いた。

 で、帰りにホームセンターに寄って、「何か良いの入ってないかな~?」と多肉コーナーをウロウロ。完全にあれですね。多肉ジャンキーです。
 それで、「おお!これは!」という種類に会って、「でも、こっちも捨てがたいな……」と思っていたところ、天の声が。

<迷ったら 二つとも買ってしまえば イイノデス>

 そうか!よし!二つとも買おう!ということで、2鉢増えました。……石集めしている頃と、まったく成長していない……。

 で、買ったのが下。
010

 左が黒法師の赤ちゃん。ホント、小さいです。どれぐらいで皆さんのブログの写真にあるような立派な黒法師になるんですかね?小さいけど、ちゃんとヤシの木の形してるんですよ。面白い。
 黒法師欲しかったので、良かったです。ホームセンターで200円なり。

 右は、値札にはクラッスラと書いてありました。でも、帰ってから調べると、クラッスラって属の名前……。クラッスラのどういう種類かはわかりません。こっちは、ちょっと大きな鉢なので250円くらい。鮮烈な赤に一目惚れしました。

 しかし、絶対私の他に、多肉ラーが近所にいるはずなのです!だって、多肉コーナー拡張されてましたもん。拡張されてるってことは売れてるってことでしょ?
 誰だ!?若い人か?じいちゃんばあちゃんか!?この近所で、目に見えない熾烈な多肉の奪い合いが起こっているはず……!

 まあ、それはともかく。
 まず、黒法師ですが、黒いので日に当てたらダメかと思ったのですが、意外にも真夏は外に出すのが良いとか。日光浴
好きなんですね。
 うちは、基本的に室内で育てていますが、ってことは窓辺でオッケーってことだ。ということで、窓辺族行き。

 逆に、クラッスラは半日陰を好むらしいです。虹の玉と色合いが似てるので、直射日光オッケーかと勝手に思っていましたが、ダメなんですねえ。直感じゃなくてちゃんと調べてみるもんだ。

 で、職場で多肉の話を上司とちょろっとしたのですが、「薔薇は?」「枯れました」「ベタは?」「死にました」「多肉は育てられるの?」と言われて、苦笑するしかない私。ですよねー……。でも、多肉は強いですから。

 多肉の場合、植物なので、下手すると持ち主より長生きする場合もあるようです。
 うちの黒法師、でっかくなるところ見てから死にたいな……。ということで、当分死ぬ気はないです。
 黒法師って、ちょっと特殊な増え方をする植物で、頭に重心が来るので、放っておくとひっくり返っちゃうのです。
 なので、適当な大きさに育ったら、幹をばっさり切っちゃいます。それで、切った頭をまた植えます。すると、そのまま根付きます。
 幹だけになった黒法師も、そのうち新しい芽が生えてきます。なので、倍になるんですねー。

 ただ、黒法師は見た目、あまり多肉っぽくありません。ぷにぷにが好きな人からは「黒法師って人気だけど、何が良いの?」と思うかもしれません。
 あと、葉挿しができません。抜け落ちた葉っぱはそのまま枯れてしまいます。でも、倍になるなら、繁殖はできるってことですね。

 あと、多肉仲間の友人と会いましたが(友人は同僚でもあります)、彼女はコチドレンが気に入って多肉沼に入ったようです。「ぷにぷにしてて可愛い」と、早速のろけられてしまいましたよ。
 それで、「多肉って室内に置いてもいいの?」と聞かれたので、「室内でも大丈夫だよ。明るければ」とアドバイスしました。アドバイスになってますかね?初心者が初心者にアドバイスするって、それって事故る可能性大じゃ……とも思ったのですが。

 まあ、友人も、ちゃんと調べているようですので、そうそう事故りはしないでしょう。彼女も賢い人ですから。
 私も、多肉をきちんと育てないとなー……と、改めて決心しましたよ。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

通りすがりの者です。
クラッスラのほうは【赤鬼城】ですね。
うちにもありますが、赤が映えてて今の時期は一番イキイキとしていて素敵ですね♪
寄せ植えにもGoodだと思います!





Re: タイトルなし
情報ありがとうございます!
よく名札を見たら、ちゃんと「赤鬼城」と明記されていました。
綺麗な赤ですよね。というか、やっぱり、植物の品種名はロマンチックです・・・。赤鬼城とか、まさに鬼が城を持っていたらこんな感じだろうな、っていう感じが表れていますし。
これからの季節、多肉にとっては試練ですが、上手に育てたいです!

管理者のみに表示