虫害の季節になりました | 魔法石の庭3rd

虫害の季節になりました

 今、起きました。おはようございます、世界の皆さん。

 ええ、今です。最近、寝付きが悪くてですね、3時4時にようやく寝付くようになっているのですが、その後、大爆睡するんです。大丈夫か、私の体。

 さて、多肉の話をするとですね。
 皆さんのブログを拝見していて、「黒法師か……欲しい」となって育て方を読んだら、「黒法師は育ちすぎると頭でっかちになって鉢がひっくり返るので、その前に幹を切って挿し芽する」とか書いてあって、びびったのでやめておきます。
 幹を切るとか怖いです。絶対雑菌入れて、ダメにすると思いますし。
 大体、それじゃ増えるってことじゃないですか。本官やめたの。もう、挿し芽だけの関係、サフレはやめたの。挿し芽だけしてはい、さようならって(インパルス板倉)。

 あと、私の場合、落葉樹はだめです。管理できません。
 だって、生きてるか死んでるかわかんないんですもん。それこそ植物の声を聞けや!って話ですが、集中しないとまだ聞こえませんしねえ。合ってるかどうかもわからないし。

 あと、友人の一人が、多肉沼に入りました。いらっしゃい、待ってたのよ(スナックのママっぽく)
 多肉はねえ……沼ですよ。特に、コレクション趣味持ってる人は、触らぬ神に祟り無し、ですよ。
 ちょっと安いから(ホームセンターでは300~400円くらい)といって、ホイホイ買っていると、「あ、もう置き場所ない」ということに気づくくらい。
 で、多肉棚に手を出すのです。恐ろしいぞ……ヤス。

 まあ、多肉たちは放っておく方がよく育つと言いますけどね。
 あまり手を掛けすぎるのもいけないようです。「スパルタ教育で多肉が健やかに育つ」とのことで。
 環境は厳しく、でも、愛情たっぷりで。ニンニクいれますか。が良いのでしょうね。きっと……って最後のフレーズなんだ。

 そういえば、ルビーネックレスの芯の先に、小さい芽が出てきました!
 届いた時は、カットされていたのですが、ようやく芽が出てきたようです。植物ってすごいな。
 
 それと、ただいま部屋に虫が沸いております。
 小さい蛾みたいな虫で、今まで散らかり放題にしておいても一回もこんなことなかったので、多分多肉の鉢に卵か何かが付いていたのかと。
 おかげで、素手で虫を潰すことにためらいがなくなりました。まあ、植物を買うとこんなこともあるということで。

 ちなみに虫といえば、「多肉の元気がなくなったので、根詰まりかと思って鉢から植物を出したら、ぽろっとコガネムシの幼虫が出てきた。こいつが根を食い荒らしていた」とか「ベリー類を育てる上で、カメムシを間違って食ったことのないやつは素人」とか言われています。
 前者はまあ、わかりますけど、後者は……。
 そんな経験するぐらいなら、素人のままでいいです。

 でも、ベリー系を育てていると、屋内でもカメムシが寄ってくるんです。
 あいつら、窓を網戸にしていると隙間から入ってくるらしく、ベリー育てていると、よく遭遇しました。退治しようにも、手が臭くなるし……。おかげで、「カメムシ臭」というのがどういうものかわかりましたよ。

 植物と虫っていうのは、切っても切れない関係性なのかもしれませんねえ……。しかし、多肉の根っこなんか、好んで食べる物なんでしょうか。多肉って、食べる視点から見ると、不味そうじゃないかって思うんですけど。まあ、アフリカの現地の人はハオルチアをサラダ感覚で食べてると言いますけど。
 あ、でも、今のところアブラムシは寄ってきていません。あいつら、一匹で増殖できるので、厄介なんですよねえ。来ないなら来ないで、平和で良いんですけどね。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示