オラクルカードの使い方 | 魔法石の庭3rd

オラクルカードの使い方

 ちょっと調べてみたこと。
 花芽って、本株にダメージとかいかないの?と思ったのですが、どうやら「傷んで困るような本株なら、花が咲いて実がなる前に刈り取る」というアンサーがありました。
 そうですよねえ。犬猫だって、未去勢のまま育てると10年も生きない(野良はもっと過酷で、3~4年が平均寿命だそう)のに対して、去勢をするのならば猫が猫又になると言われる13年を楽に超えて、今はペットも長寿化しているそうです。
 長寿の猫さんは、なんか、悟りきった表情をするんですよね……。うちのばあちゃんがよく言うばあちゃん語録として、「猫は魔性」というのがあります。「猫には何らかの魔力がある」とのことらしいですけど。……それにしては、ばあちゃん、未去勢だったメス猫が産んだ赤ちゃんを箱に詰めて流したりしてたんですよね。だから今、呪われたんじゃないの?とか思うんですけど。

 ちなみに、うちの歴代猫の中で一番頭が良いのは、今のシャムの雑種猫らしいです。
 以前飼っていた雄猫が連れてきた猫なんですけど(多分、子分の面倒を見てくれ、とのことだと)、そのすぐ後に雄猫は旅に出てしまって消息不明に。なので、いなくなってしまった頃によく流れていた音楽を聴くと、私もうダメです。自動的にペットロスの状態になります。
 うちは、歴代「ミーちゃん」とか「ミケちゃん」とかいう名前の猫を飼っていました。今の猫も、最初は「レオ(手塚治虫のジャングル大帝のレオに似ていたので)」と名付けたのですが、いつの間にかばーちゃんが「ミーちゃん」と呼んでいたので、ばーちゃんと過ごす時間が多いシャムミックスの猫は「ミーちゃん」になってしまいました。
 
 しかし、この猫が、また頭が切れた。
 ご飯がないと、ダイニングルームの餌場から2階の皆の居住スペースまで上がってきて、「餌ちょうだい」と鳴きます。
 そして、どんなにお腹がすいていても、人間の食べ物には一切手を出しませんし、テーブルの上にも乗っかったことがありません。
 たまに、父が刺身をあげても、おやつ感覚で一切れだけ食べて、後は欲しがりませんし。

 ちなみに、スピリチュアル関係のことも記録しておきましょう。
 鏡リュウジさんの星座オラクルカードとの相性ですが、少しずつ波長が合ってきた気がします。
 今日、「最近、問い合わせしないと荷物が来なかったり、代引きなのにお金払わなかったりで、トラブル多いな。今回のチランジアはどうなんだろう?」と占ってみたところ、「琴座」が出ました。

 竪琴の名手であるオルフェウスは、動植物や岩ですら涙を流すような美しい歌を歌う、芸術の名手でした。まあ、それからも鬼籍に入った妻を連れ戻しに、冥王ハデスの前で妻への愛を竪琴と美声を披露したところ、ハデスはそれでも渋い顔をしましたが、ハデスが連れ去ってきて強引に結婚したペルセポネという地獄の女王がその歌声の美しさに、自分がハデスに気に入られていることを逆手にとって「ねえ、あの方にチャンスを与えてもいいのではないでしょうか?……だめですか?(上目使い)」と言ったので、ペルセポネにべた惚れのハデスは「しょうがないなあ~うちのコレ(ギリシャ語で乙女の意味)は」と、冥界に行くことを特別に許して上げるのです。

 まあ、そこで、「振り返ってはいけない」という階段で、ついつい妻が付いてきているのか気になったオルフェウスは振り返ってしまい、そこにいたゾンビのような姿の妻に肝を冷やして、逃げ出してしまうのですが。

 そうして、鏡リュウジさんの見解だと、「このカードのメッセージは、『あなたの歌声には人の心を揺さぶる何かがある。それは、歌声ではなく、もっと身近なものかもしれませんが、あなたが真心を持って伝える時、人はそれを受け入れるでしょう』」とのこと。要するに、「ちゃんと注文の品は届きますよ。安心してください」ということだと思います。

 しかし、タロットとオラクルカードで違うのは、正位置逆位置がない(私は、逆位置だったら逆の意味で読みますが)、そして、「必ずしも正位置が良いものではない」ということです。

 私が、「私の本質はなんでしょう?」と聞いたところ、烏座を挙げられ、「烏座は、アポロンの恋心に告げ口をし、恋人と破局させたので、全身が真っ白から真っ黒に変わってしまった」と言われています。
 この正位置では、「巧みな話術を持っているが、決してそれを悪用してはならない」といった、戒めの言葉が書かれていました。まあ、私の場合逆位置だったので、「口べたではあるが、バカ正直」という感じなんでしょうかね。

 オラクルカードも面白いですね。でもまだ、シャッフルに時間がかかります(カード自体大きめで、しかも縦長なので向きをそろえるのが大変)。そして、私が占っているのは、カードをスプレッドとして展開するのではなく、カードを混ぜて切った後、机にぱらぱらっと崩して「一枚引き」というやり方で占っています。スプレッドも試したことがあるのですが、難しいですし、一枚引きの方が簡単で、しかもずばり物事の本質を突いてくるので、これを使っていますね。

 オラクルカードとも、ちょっとずつ親和性が取れてきました。重要なことを占うにはまだ時間がかかりそうなので、カードと意思疎通ができるようになってから、占っていきたいと思います。

 唐突なスピリチュアル要素ですが、たまにはこんな記事もいいじゃない。これで、うっかり多肉から来た人が、少しでもスピリチュアルに興味を持ってもらえたら幸いです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示