気根がわさわさ | 魔法石の庭3rd

気根がわさわさ

 お昼の更新できなくてすみませんでした。
 何してたかというと……寝てました。生理の日は眠くなる。

 今日は、母が不思議体験をしました。
 夢の中で、亡くなった祖母(私との面識はなし。私が生まれる前に既に亡くなっていた)が、「くず餅が食べたい」と。
 で、目覚めてから気づいたら、祖母の命日がちょうど母の日だったそうで。「これは何かある」ということで、父に頼んで、東京まで行ってくず餅を買ってきて仏壇に供えた(以前、霊能者の知り合いから「母方のおばあさんのお墓の土をちょっと持ち帰って仏壇に置きなさい」というアドバイスがあり、それを実行していた)のでした。

 元々、母方の祖母は霊感が強く、タダで色んな人の話を聞いて霊感を使ってアドバイスをしたりしていたそうです。特に、予知夢は100発100中で、蛇の出る夢を見ると「ああ、お金が入ってくるな」とわかったそうで。
 祖母は、すごく気持ちのおおらかな人で、お金の面でも頼ってくる人にお金を貸したりしていて、偏屈屋の祖父に「お前は利用されてるんだぞ!」と怒られていたそうです。

 それと、「神様は何を拝んでもいいのよ」という多神教な人で、たとえ創○などの新興宗教でも、邪険にすることなくニコニコと話を聞いてくれる人だったとか。
 しかし、祖父がリアリストの塊のような人だったので、祖父がいると「出て行け!どうせ金なんだろう!」と怒るので、「お父ちゃんには内緒よ」とよく言っていたとか。

 祖母のお葬式には何百という人が来て、中にはヤクザさんの親分なんかが来たりもしたそうです。皆、口々に「お母さんにはお世話になりました」と言うのでした。

 不思議ですねえ。そんなこと少しも知らなかった私が、今、多神教な考え方を受け継いでいるというのは。
 私も、「神様は偉いんだから、何を拝んでいてもきっと最終的には救ってくれる」と思っています。まあ、この境地までたどり着くには、「もう神様なんているはずがない!」と泣きじゃくった日々もあったのですけどね。

 さて。
 虹の玉の気根の話の続報なのですが、どうやらこの葉っぱの付け根から出てる根っこ。これ、気根で間違いないということです。
 というのも、虹の玉 気根 で検索したところ、ブロガーさんが詳しく書いてらっしゃって、その写真ではもっさもさの気根が生えた虹の玉の写真があったのです。

 どうやら、気根というのは、植物が「水が足りない」と言っている合図だそうで、もっとお水を足して良いそうです。
 ……私、3日に1回、お水あげてますけど……それでも足りないのかな?2日に一回だとあげすぎじゃないかな?って思ったりするんですけど。

 多肉って、乾燥気味に育てるのが長く育てるコツって聞いたのですが、これ、放っておいたらもっと気根生えてくるんでしょうかね?
 ちなみに、邪魔ならもぎ取っても植物に影響はないそうです。

 そうそう、今日は母の日だったので、母にハオルチア1号をプレゼントしました。
 母が「これ、アロエとかサボテンみたいね」とぐにぐに葉っぱをいじるので、ちょっとハラハラしましたが。葉っぱ傷んじゃうよ!って。
 ちなみに、多肉はアロエとかサボテンも含まれるんですよ。だから、あながち間違いではない。

 そういえば、日本の植物改良技術って優れているらしく、海外でも展示会などを開くほどらしいのですが、その際に入り口などに蘭の花なんかを飾っていると、「まあ、綺麗。これは本物なの?」と訪れた人々が触っていくそうです。
 で、運営側としては、あんまり触られると花が傷むので止めて欲しいのですが、触ることで本物だとわかるので、むげに断ることもできない……とか。

 でも、多肉系は、最近韓国が交配に優れているらしいですね。
 人気のエケベリアなんかも、韓国苗を輸入している人もちらほら見かけます。画像を見たところ、ピンクっぽいような?そういう色加減を調整してくるのが韓国苗のようです。

 というか、国内産の苗でも、最近の多肉ブームに則って研究が進んでおり、既にその種類は膨大な数があると言われています。
 だから、種類を詳しく尋ねられると、私のような初心者は困るわけです。ホームセンターなどで購入した多肉は、ほぼ種類は書かれていませんし。自分で調べようにも、「こっちとこっちの差って何なの?どっちも同じじゃん」と思ったり。
 なので、私の多肉の種類分けは、あくまで(多分)が語尾につくものだと思ってください。

 ちなみに、今、「美空鉾」の名前が出てこなくて「何だっけ?」と本人(本植物)に聞いたところ、頭の中に「美空鉾!」と直接文字が浮かんできました。
 すげえ。植物も石と同じように、自分の名前がわかるんですね。私、石もこんな風に自分の名前を教えて貰うことがあります。これ、テレパシーの一種なのかな?人間には使えないんですけどね、テレパシー。石と植物専用のテレパシーということは、石や植物が何かを人間に対して伝えたいのかもしれません。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示