多肉、ハイドロカルチャー化に挑戦 | 魔法石の庭3rd

多肉、ハイドロカルチャー化に挑戦

 虹の玉の葉挿し、ハイドロカルチャー化してみました。
 ハイドロカルチャー……日本語で言うところの水耕栽培です。小学生の頃、ヒヤシンスを水だけで育てたりしませんでしたか?あんな感じです。

 ただ、多肉の葉挿しには、「幹からもぎ取って日数が経っていない葉っぱは、傷口から水が入ると腐ることがある」らしいので、取って3日くらい日陰で干した方が良さそうな?
 
 ハイドロカルチャー化するのは簡単です。用意するのは容器(透明な方が、根や子株の様子がわかって便利。プリンの容器とかでもいいかも)、水(水道水で十分)、もぎ取った多肉の葉っぱ、です。

 やり方も簡単。3日ほど陰干しした葉っぱを、水の中に入れます。そして、観察しながら、根と子株が出てきたら引き上げて、土の上に移動させ、根に土をかけます。
 ……おしまい。

 いや、ホントにこれだけなんですよ。簡単でしょ?
 なんでハイドロカルチャー化したかというと、根の出ている葉っぱの一部の根が枯れてしまい、「もしかして生えたての根っこは乾燥に弱いのか?」と考えたからです。
 乾燥に弱いのなら、潤してあげればいい。それだけですね。

 サイトを見ていると、大体100日前後で芽と根が生えそろうそうです。私の場合は……まだ一週間経ってないかな?土の上に移すのを早まったのかもしれませんね。

 で、畑……というか、畑の隣の駐車場の土を取ってきたら、乾燥すると固くなってがちがちになっていました。
 ……これ、大丈夫か?いや、イケる!私はイケると信じる!
 ちなみに、田舎では車は必需品なので、家に駐車場があるのは当たり前ですので、特別にうちが金持ちというわけではありません。土地代も安いしね……。
 今は、父、母、弟、農業用の軽トラで4台あります。コンバインとかもあります。平気で数百万する馬鹿な車、それが重機です。

 さて、水耕栽培、大丈夫ですかね?がんばって育ってね、虹の玉たち。そして増えて虹の玉王国を作るが良いよ!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示