天珠が虫っぽいだと!? | 魔法石の庭3rd

天珠が虫っぽいだと!?

 楽しみにしていた、天珠が到着しました!

 ちょっと調べてみたら、「天珠って虫っぽくて怖い」という意見が……。私も、「なるほどな」と笑ってしまいました。
 そして、その記事にあったチベットの人の、天珠の付け方がすさまじかった!ネックレスも腕輪も指輪も全部天珠!指輪は、全部の指に装備。しかし、不思議なことに、これが日本人だったら「やりすぎだよー」と思えるのですが、チベットの人だと聞いたら、「なるほど……」と納得できてしまいます。
 
 ちなみに、現在流通している天珠は、白いメノウに模様を描いて、後は釜で焼くと綺麗な白黒のはっきりした天珠ができる……そうです。
 むう。でも、言われてみると、二一眼天珠なんかは、確かに虫っぽいかも……。

 九眼ぐらいだと、私は「何かに似てるな?うーん、あ、エンドレスノット!それと、ドラゴン曲線!」とお風呂で天珠を見ていて気づきました。
 九眼天珠の模様って、幾何学的で、ずーっとそれが続いているような模様なんです。同じチベットのエンドレスノットはともかく、ドラゴン曲線って?と一般の人は思うかもしれませんが、ドラゴン曲線とは、同じ模様がずーっと続く、というフラクタルの一種です。多分。私の知識が間違ってなければ。

 エンドレスノットとは、チベットや中国に伝わるお守りの一つで、「永遠に続く」という意味の、幾何学模様の四角形をずーっとつなげたような形をしているお守りです。主に、銀や鉛などの地金でできています。

 私の九眼天珠ですが、届いたときにちょっとした傷がありました。
 ということは、少なくとも天然の鉱石でできているということです。ガラスや練り物は傷はありませんからね。
 天珠はチベットのものですから、大抵はメノウを焼いて作られています。しかし、最近の天珠ブームにより、粗悪な練り物やガラスやプラスチックなどを使って作られている天珠も多いそうです。

 まあ、確かに、理論的にはそういった「偽物」でも、効果はあるんですけどね。
 天珠は、元々の石ではなく、その模様によって力が得られるとされていますから。そう、模様が大事なんです。
 しかし、老天珠の中でも朱砂や血線(カーネリアンの天珠に見られる、赤い線)は特に力が強いとされています。老天珠でなくとも、それらが出ると珍品とされます。

 私の天珠の傷をよく見てみると、なんか、元々は茶色っぽい石のような?よーく見ると、確かに目の中の部分なんかは茶色。ふむ……じゃあ、この石は元々は茶色のメノウだったのか?と。
 普通、現代天珠って白いメノウが使われるんですけどね……。それとも、焼かれて茶色になったとか?

 さて、天珠を身につけてみて思うのは、「なんか視界が違う!」でした。
 ネックレスに通して、辺りを見回してみると、視界がクリアーなような。私、普段はめんどくさがって眼鏡をかけていないのですが、本当はすごく目が悪いのですが、天珠を付けると、どこまでも見通せるような気にさえなります。

 で、気づいたのは、私の部屋自体に結界が張られていること。だって、あれだけごちゃごちゃいた霊が一体もいません。真理矢の仕業だということは一目瞭然です。
 しかし、その真理矢は視認できません。周りを見渡してみたのですが、それらしい霊体もおらず。
 あ、でも、鬼門方面に、黒っぽいものはいました。でも、単にそこから動けないだけで、私に悪影響を及ぼすものではなさそう。地縛霊的な?ここの土地にずっといるもののような?まあ、悪さをしたら、真理矢が動いてくれるでしょうけど。

 なるほど、確かに、天珠を付けると霊能力のようなもの……勘とかは鋭くなる気がします。
 九眼天珠は、特にビジネス方面に効くそうですが、ただのパートタイマーである私がどうビジネスを開くのかは不明です。
 会社でも興すか?いやいや。

 そういえば、スピリット界に行けなかったのは解決しました。
 あっちに降りた時に、ちゃんと手足が動く感覚がしたので、もしかして……とリーボールを張り直したら、視界が開けました。
 どうやら、リーボールを逆に張っていたようです。ほんとに……駄目な子!

 しかし、どどめ色だったリーボールが、上の方は緑っぽくなってきました。こうやって段々進化していくのかな?
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示