天珠は可愛い | 魔法石の庭3rd

天珠は可愛い

 天珠のこと書いてたら、自分が欲しくなってしまい、ついに九眼天珠を買ってしまいました。
 天珠って、ヤバいですね。見てるとどんどん欲しくなってしまう。でも、老天珠までは手を出していないので大丈夫かと。

 ちなみに、老天珠クラスになると、1000年受け継がれている天珠とかいうのもあるそうです。すごいなあ。しかも、それを持っているのが日本人とか。天珠スレでお披露目されているのを見て、びっくりしてしまいました。私には手の出せない世界だ。

 それと、天珠は、何個同時に持っても良いそうです。特に上限はないとか。だから、チベットの人なんかは、ジャラジャラ天珠を付けていたりするそうで。ピアスも天珠、ネックレスも天珠、ブレスレットも天珠、というチベットの人の写真を見たことがありますが、なかなかオリエンタルで素敵でした。これが、Tシャツにジーンズとかだったらファッション的に浮いてしまうと思いますが、オリエンタルファッションだと、断然かっこよく見えます。
 
 ファッションで言ったら、ヒッピーファッションとかでも天珠は合うと思います。要するに、シンプルなファッションよりごちゃっとしたファッションの方が合うってことですね。
 まあ、合わなくてもお守りなら、服の下に付けるとかでも良いと思いますが。
 私も、仕事の時はシンプルな服で、スカート禁止なので、天珠浮きます、多分。

 今度の天珠は、ペンダント仕様なので、シンプルにも付けられるかな。

 そうそう、天珠の中で一番力が強いのは九眼と書きましたが、二一眼もなかなか良いそうです。
 基本的に、眼の数が多いほど力が強いんですね……。あとは、眼の数にもよります。中国では九や二一など、基本的に奇数が吉となっています。
 まあ、基本的に、なので、偶数だからといってその天珠が悪いわけでもありませんが。私も偶数の天珠持ってますしね(何かのおまけで貰った二眼天珠。恋愛に効くらしいですが、特にそういったこともなく……今は自転車の鍵のキーホルダーになってもらっています)。

 さて、九眼天珠ですが、力が強く、事業運に向いているとされます。
 要するに、金運の石ですね。宝瓶天珠もそうですが、私、そんなに金に飢えてるのか?と言われれば、ああ、飢えてるよ!と答えるほどお金は欲しいです。
 また、運気全般にも効く石であり、オールマイティに活躍してくれます。

 私も天珠に関しては手を出し始めたばかりなのでよく理解していませんが、ラッキーアイテムだということはわかります。
 じゃあ、チベット人は皆、幸福で金持ちなはず……と言われるかもしれませんが、そこはまあ、ツッコむときりがありませんので。

 ……そういえば、私が良く行く石屋さんで、売り場の下に5~10kgはあろうかという大きな水晶のクラスターを置いてあるのに気づきました。
 多分、売り物じゃないと思います。縁起物なのかな?

 ちなみに、私の家の玄関には、3kgくらいのアメジストクラスターがあります。
 父の友人の社長さんが、新築祝いとしてくれたものらしいです。母に聞いたら、10万円はくだらないだろう、とのこと。そんなものをぽんとくれちゃう社長さんって、さすが社長さんです。
 そこの家は、奥さんが風水や占いに詳しく、「アメジストを玄関に置くと良いのよ」と言われて、玄関に置いているとのこと。

 後で調べてみたら、風水的には玄関にアメジスト、トイレに水晶とあったので、それを母に言ったところ、トイレに溶練水晶の玉を飾っていました。……人工水晶でも効くのかな?

 さて、天珠の話に戻りましょう。
 天珠の価格ですが、現代天珠はそんなに高くありません。2000~5000円くらいですね。
 これが、老天珠とか朱砂天珠とかいうともっと高くなりますが、天珠初心者には2000円ぐらいの天珠で十分です。それで物足りなかったら買い足すなりもっとグレードの高い天珠を求めるなりすれば良いのです。
 
 朱砂天珠ですが、これは、焼き付けられた天珠の柄の部分にぽつんと赤い砂のような模様が入っている天珠を言います。これは、天珠としては非常にレアで、それでグレードはぐんと上がります。
 というのも、天珠はカーネリアンに塗料を焼き付けたもの。塗料がはげても、そこは薄く塗料が残るのです。完全に剥げてしまうということはあまりありません。
 朱砂は、完全に塗料が剥げ、赤い砂のようにぽつりとカーネリアンの色が残る現象です。
 この現象は、チベットでは「吉兆の印」として重宝されます。

 天珠、調べれば調べるほど面白くて、はまってしまいそう。
 やばいですね。これ以上パワーストーンにお金はかけられないってのに。でも、欲しいのならしょうがないです。「いつ買うか?」と言われたら「今でしょ!」と答えてしまう、この性格が憎いです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示