ルビーのブレスレット | 魔法石の庭3rd
FC2ブログ

ルビーのブレスレット

 佐川くんが関東→関東の運搬なのに1日で来ない件について。
 日本郵便は九州→関東で2日で届きました。それはまあ、日本郵便のサイトのお届け日数にも書いてあったから許します。
 でも、関東→関東で2日以上かかりそうってどうなの。佐川、amazonからは撤退したでしょ。佐川、どうなの。佐川、どうなの。

 ってか、こういう記事、定期的に書くな、って気がつきました。荷物が届かないのなんのって騒ぐのは、いつも佐川くん相手な気がします。なんで佐川にはくん付けなのかというと……人を食ったという態度とかけてるんですが……不謹慎か。

 ところで、ちょっと前からルビー付けてます。
959
 上のブレスレットね。ルビーって色じゃないし、小豆色なのですが、ルビーと呼びます。

 これ、隠し子で、今までアップしてなかったんです。もう1年くらい前に買ったやつだしね。
 でも、また引っ張り出してきました。この間石屋行ったときに値段を確認したら、同じようなのが3000円で売っていました。そこの石屋さんで買ったので、多分3000円で買ったと思います。
 でも、サファイアは6mm玉でも(ルビーは8mm)7000円くらいしていました。どういうことなの。
 ルビーとサファイアの格差ってけっこうあって、いわばルビーが安顕でサファイアが大泉洋みたいな感じです。二つともそこそこメジャーだけど、なんか扱いが違くね?っていう。
 
 私が調べた限りだと、合成スタールビーと合成スターサファイアは、スターサファイアの方が検索に引っかかりにくく、値段も高いのです。
 合成なんだから同じとちゃうの?って思うのですが、赤と青の色を出すのはそんなに違うものなのだろうか……。

 ちなみに、本来はルビーと呼ぶのは、真っ赤なピジョンブラッドとか、暗くてもビーフブラッドまでで、こういった暗い色のルビーはヴァイオレットサファイアと呼ぶのだそうです。
 というか、サファイアとルビーの属するコランダムの中で、ルビーと呼んで良いのは真っ赤なものだけ。あとは全部サファイア扱いになります。
 だから、ピンクサファイアとかイエローサファイアとか色々あります。ただ、お値段は普通のブルーサファイアがダントツで高く、その他のファンシーカラーサファイアはそこそこのお値段ですね。

 さて、私はあんまり石の組み合わせとか考えたことないのですが、どうやらルビーとヘマタイトの組み合わせは「勝利」をもたらすのだそうです。
 ……私は何と戦ってるんだ?って思うのですが、まあ、何かと戦わなくてもこの2つを付けていても良いのでしょう。
 今は、ルビーは右腕に移してますけどね。ルビーを体の右側に付けていると、幸せになれるのだそうです。ただ、同時に「ルビーは左側に付けると不運をもたらす」とも言われています。ペンダントとか、どうすれば良いのだろうか……と考えてしまいますが、まあ、西洋でのジンクスみたいですね。
 あと、「サファイアは首に掛けてはいけない」とかね。
 そういういわれも、調べてみると面白いのかもしれませんが、あんまり鵜呑みにしない方が良いと思います。持ち主を不幸にする石なんて、その持ち主にしかわかりませんよ。ただ不幸にするんじゃなくて、持ち主と相性が悪いって話だったりもしますし。人間だって、相性はあるのですから、石だけ誰にでも合うってことはないと思います。

 ちなみに、後日石屋さんに行ったら、またもやルビー完売していました。値段調べた後で良かった。
 一応貴石類で3000円は手に取りやすい値段なのかな?と推測します。宝石に疎い人でも、4大貴石であるダイヤモンド・ルビー・サファイア・エメラルドくらいは知ってると思いますし。
 そういえば、エメラルドのブレスレットってあんまり見かけないな?と思ったら、エメラルドってへき開性といって、一定方向への衝撃に弱いっていうのです。ダイヤのブレスレットは、ゴム製のやつはなかなか見かけませんが、今はテニスブレスとかではありますね。

 ただ、ダイヤのランクの低い石は、昔から工業製品としてカッターや磨き粉などに使われているので、あまり出回らないそうです。模型趣味してる人は、「ダイヤモンドやすり」とか使ったことあると思います。あんな感じですね。
 ルビーとサファイアは、ダイヤに次ぐモース硬度の石なのですが、これは近年のパワストブームでランクの低い石も磨いてブレスレットになることが多いようですね。昔はルビーもサファイアも工業用に使われていたそうですよ。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示