水晶球のアイリス | 魔法石の庭3rd
FC2ブログ

水晶球のアイリス

 久しぶりに「石の不思議」的オカルトトークになります。「石に意思なんてねーよ」という人はバックお願いしますね。

 虹の出る6cmの水晶玉。お風呂以外はポーチに入れて首から提げています。
 で、ふと「あなたに名前を付けてあげる」という気分になり、イリスクォーツ(虹入り水晶)だからアイリス、と付けました。
 
 そうしたら、石の精霊が姿を現してくれました。
 髪は黒く、ゆるいパーマをかけたようにやや癖があり、そこにやはりゆるく茶色のビロード地のようなリボンを巻いています。
 顔は、東洋人っぽい。ただ、目は大きく、まつげバサバサで少女漫画のよう。
 服装は、古代ギリシャ人のような、ゆるいドレープのかかった簡易な服です。

 年の頃は17~8くらいかな?少女とも女性とも言えない微妙な年齢って感じですね。
 
 そこで、「アイリス」と呼びかけると、両手を組んで「何ですか?ご主人様」と。
 あんまりキラキラした目で見つめるもので、「いや……ご主人様って言うほどの者ではないから、その呼び方は……」と戸惑っていると、「では、天使様と王女様、どちらが良いですか?」と見つめてきます。うう……。
「そういうんじゃなくて、もっと庶民的な……かみなとかでいいよ」と言うと、「そんなになれなれしい呼び方はできません」と少し拗ねた顔で言います。

 すると、他に身につけていた石たちが一斉に「キッ!」とアイリスを見つめます。なんか、「それは私も言いたかったのに!」という感じです。石たちってヤキモチ焼きも多いんですよね……。
 っていうか、君たち今までそんなんじゃなかったじゃん!って思うんですが、実は他の石たちも話がしたかったのでしょうか。それなら、かわいそうなことをしました。でも、全員に名前付けるわけにもいかないしなあ。私が忘れそうで。

 で、間を取って「かみな様(本当は本名で呼ばれています)」となりました。
 様もなんかよそよそしいんですけどねえ。せめて「さん」にならなかったかな?と思いますけど。

 私の持っている石たちは、ほとんどツンデレと子供っぽいのと、プライドが高いのと、ビジネス的付き合いの石がいるのですが、アイリスは珍しく従順型のようです。でも、従順なだけじゃなくて、自分の主張もできる。「かみな様」呼びになるまでどうにかなだめすかしましたからね。
 
 それにしても、本当に珍しく、姿もはっきりと見ることができました。
 最近、石との付き合いもビジネスライクになってきていて、「こういう効能だからこれ付けよう」というのが多かったんです。あまり、その石と本気で向き合ってなかったというか。
 だから、他の石たちも、アイリスにヤキモチ焼いたのかな?と思ったり。
 
 それから、スピリット界に降りたら、アイリスも付いてきたので、シロツメクサの花輪を作って、頭に乗せてあげました。
 すごく喜んで、「どうです?私、似合ってますか?」と、少女のように何度もくるくる回ってみせます。すごく可愛らしくて、クスクス笑いながら「似合う似合う」と言いました。
 
 日記には書いていないのですが、最近は真理矢とも少しだけ恋人らしいデートとかを楽しんでいます。
 全然スピリット界に行ってないわけじゃないので、ご安心を。
 
 アイリスも可愛いのですが、他の石たちのフォローもしないとな……と思っています。
 ヤキモチ焼いたままなのはかわいそうなので。まずは、石をなでなでするところから始めます。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示