阿弥陀様と「死にたい気持ち」について | 魔法石の庭3rd
FC2ブログ

阿弥陀様と「死にたい気持ち」について

 一日、自殺の方法とか失敗してハンディキャップを負ってしまった人の体験記とか読んでたら、謎のパワーが湧いてきました。

 で、うちの仏壇にダメ元で「早く殺してください」と願ったら、阿弥陀様が「それはできませんが、あなたがそう感じた気持ちは大事になさってください」と、天啓のように頭に降りてきて、そこからすとんとなにかが腑に落ちた感じがしました。
 
 そっか、死にたい気持ちは「死にたい」のままでいいんだ、と。
 本気で自殺の方法探してる時は、阿弥陀様の声も、ガイドの声も、神様の声も聞こえなくなるんですよね。
 心理学的には「イマジナリーフレンド」といって、脳が作り出した空想上の友達、というのがあるのですが、そのイマジナリーフレンドは特に精神状態が悪化すると出てくるといわれており、そう考えるとある程度立ち直ってから現れるうちのスーパーナチュラルたちはあながち偽物でもない気がします。

 死にたい気持ちは、善悪はともかく、そうそう醜い感情でもないから、持っていて大丈夫、ってことですね。
 というか、阿弥陀様は聞き上手の導き上手です。さすが如来。
 うちの阿弥陀様はよく、「良い感情も悪い感情も、時代と共に変わっていくものです。あなたが人間である限り、それは両方つきまといます。ですけど、人間にトイレが必要なように、悪い感情も時には必要になることもあります。ですから、良い感情だけを持ち上げて、悪い感情を封じ込めるというやり方は、私は好きではありませんね」とおっしゃっています。

 色々考えて、ここ2日ほど満足に寝てない状態なので、頭痛いです。
 でも、まだ二時だしなあ。私にとっては早寝だ!
 ともかく、阿弥陀様のお言葉で救われたので、まあ良しとしましょう。
スポンサーサイト

コメント

先日」
娘のように愛してきた女性が結婚を前提にしたお試し同棲を始めました。本当のところ結婚式の日にはメキシコでサボテンの茎をしがんでいたい気分ですが、渡航費用もないので、あきらめて、式場のアンプが壊れるくらいの音量で「when you tell me that you love me」でも歌いますよ。太字の文
Re: 先日」
すみません、個人的なコメントには返信付けづらいです。以前、個人的なお話をされていた方に、別の方が「個人的なコメントでコメント欄を埋め尽くすのはいかがなものでしょう」とおっしゃっていたという経緯がありまして、これからブログに関係ないコメントに返信はしないようにしています。ご理解お願いします。

管理者のみに表示