Panasonic・LUMIXDMC-FZ18 | 魔法石の庭3rd
FC2ブログ

Panasonic・LUMIXDMC-FZ18

 まさかの今日、デジカメ到着。水曜日頃になるって書いてあったのですが……確かにお急ぎ便だと17日到着って書いてあって、まあ、お急ぎ便でしょ、と思っていたら翌日到着というものすごい早さでした。
 遅いより早いほうが良いですけどね。最近、amazonも遅いのでびっくりしました。

 さて、今回買ったのはPanasonicのLUMIXシリーズで、DMC-FZ18。5年ほど前のモデルだそうです。
 偽一眼で9000円という驚きの安さでしたが、やっぱりアクセサリが付いていませんでした。というか、説明書も、箱すらない。カメラ本体と、リチウムイオン電池と充電器だけ。中古でしたけどね。
 USBケーブルは、今までのデジカメに付いてきたケーブルで大丈夫でした。互換性あって良かった。
 ちなみに、Panasonicの純正USBは、1900円くらいです。amazon価格なので、お店に行ってもこの価格かどうかはわからないのですが。パナ製品だけでなく、Nikonのカメラなどにも使えるようです。

 さて、試し撮りした一枚。
944

 寄って撮るとこれくらいですね。今までの写真だと、
941

 こんな感じ。はえー、全然違う……。
 さらに、接写してみます。
945

 ダイヤの透明感がすごく強調されています。
 このカメラは、カメラ自体はデジカメ。しかし、レンズは一眼、と言われていました。
 確かに、レンズはパナじゃないんです。ライカ製って書いてありますね。ライカって、カメラの超老舗ですよね。
 
 レンズが一眼だと何が違うのかっていうと、普通のカメラは「平面を撮る」。つまり、二次元。
 対して、レンズが一眼だと「奥行きを撮る」。三次元を二次元で表現できるようになるのです。
 
 ちょっと前に、テレビでキヤノンのカメラ工場を取材していたのですが、レンズを磨く機械の研磨台は、全て人の手で調整されているのだそうです。現在、それができる職人は2人。なので、今は若い人に技術を伝えようとしているところだとか。

 ちなみに、私が一番びびったのは、カメラのレンズって人工のフローライトでできてるってことです。
 まあ、多分何かで強化されて商品にはなるんでしょうけど、石趣味してる人は、「なんで割れないの!?」と思うのでは?
 フローライト並みっていうと、モース硬度4くらいですからねえ……。脆すぎる。
 これを聞いたら、気をつけて扱おう、と思うようになりましたよ。

 まだ、新しいカメラに慣れていないのですが、徐々にやっていこうと思います。
 頑張って綺麗な画を撮りたいなと。

 ……カメラ沼には入りませんよ?多分。
 カメラ沼は、ダイヤ沼と同じくらい入ったらやばいと思います。金持ちの趣味だ!!
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示