我が家の仏様 | 魔法石の庭3rd
FC2ブログ

我が家の仏様

 うちに来た仏様、フィギュアなんですけど、とりあえず拝んでおきました。
 一応、仏としての御霊は宿っているらしい……。仏像じゃなくて、大量生産品のフィギュアなのに、ちゃんと仏様がいるってのはすごいことですね。インターネット墓参り(ネット上でお墓参りができるという。ネットのない時代に死んだ人はどうすんだ?)とかもありますし、案外良いのかもしれませんね、フィギュア仏像。普通にご本尊なんかを仏具屋で買うと、10万はしますからね。3000円で好きな仏像買えるっていうのもイマドキっぽくて良し。

 あ、そうそう。ご本尊は、21日頃到着予定だそうです。
 阿弥陀如来様。楽しみおすなあ。
 天部の2体が厳しい表情してるので、阿弥陀様の優しい表情が引き立つって寸法よ。

 さて、「我が家の仏様」。

 まず、増長天(ぞうちょうてん)。
935

 仏教では南を守護する天部(戦いの仏)で、帝釈天に仕える四天王の一人です。
 甲冑に身を固め、煩悩を消し去る炎を後ろに背負っています。
 しかし、元々は豊穣を司る神でもありました。
 四天王でも、この増長天と後に紹介する多聞天を2体祀ると四天王全員の加護を受けられると言われています。

 そして、多聞天(たもんてん)。
936

 四天王では「多聞天」ですが、ソロでは「毘沙門天」といいます。こちらは北方を守護する仏様。
 勝負事と財宝の仏であり、また、「釈迦の教えをよく聞いた」とされる、脳筋ではないインテリの側面も。やっぱ、人はギャップに萌えるのでしょうか。
 四天王の中でも一番人気。しかも、妻までいます。妻は、吉祥天ですね。

 あと、一応正式なお仏壇にご本尊の阿弥陀如来がいますが、そっちは本当に家管理なので割愛。
 お寺で開眼させた仏像は、撮るとなんか恐れ多いっていうか、とんでもないものが映りそうで。まあ、国宝とか重要文化財の仏像がばんばん写真撮られてる時代なんですけどね。

 ここにきてまさかの仏教ラッシュ。何でしょうね?神道・キリスト教にも一時期はまってたので、その延長?とも思うんですが。
 まあ、どの神様もお恵みをくださるのなら良いのです。ここは日本。宗教は自由の国なのですから。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示