酒飲みが行き着く先は | 魔法石の庭3rd

酒飲みが行き着く先は

 土佐錦がもうすぐ空きます。
 この間、これを「そうだ、熱燗にしたらもっと美味しいかも」と思ってレンジで温めてみたら、舌が痛くなりました。か、辛い!なんで!?と軽くパニックになったら、燗にすると辛口の酒はもっと辛くなるんですねえ。知らなかったそんなの。
 多分、醸造アルコールの成分だと思うのですが……。醸造アルコールって、焼酎ですしね。焼酎は熱燗ではあまり飲まれないですよねえ。

 醸造アルコールで頭痛がしてた私ですが、なんか、30代になったらそんなことなかったぜ。になりつつあります。
 何だろう?やっぱり、子供の頃はそういうのに敏感すぎたのでしょうか。子供が、苦みや辛みを嫌がるのは、大人より口中の粘膜が敏感なせいだと言いますし。
 
 なので、醸造アルコール入りの日本酒も解禁です!また、飲める日本酒の範囲が広がりました。夢がひろがりんぐwww

 今日も、仕事帰りに、帰り道のいろんなスーパー回って、日本酒開拓したい所存です。
 酒、美味い。それで人生結構幸せに生きられます。

 そういえば、ストロング缶が叩かれている昨今ですが。
 まあ……ストロング缶の「お手軽アル中率」が今までの酒とは遙かに違うのが原因なんじゃないですかね。「ストロング缶飲んでる時が唯一幸福を感じる瞬間」とか、現代病なのかなあ……とも思います。
 他に趣味とか、自分の生きがいがあれば良いんでしょうけど、昨今の若者に限らない人たちって、「趣味を始める金がないし、その熱意もない。酒を飲むのも、酔えれば良い。味とかどうでも良いからできるだけ長く酔っていたい」って人が多いのではないかな。

 まあ、味が気に入らなければ「なんだこれ、まずっ!」で捨てると思うのですが、そこに現れた救世主のストロング缶は、「今までのチューハイとは違い、辛口で飯に合う」をうたい文句にしており、実際飲んでみると美味しいらしいのです。
 美味しくて、1~2缶飲むとスコーンと酔えるのなら、誰でもそっちに行くわな。ということで、人気みたいですね。

 まあ……今、ストロング缶を叩いているのも、別のビールや他の酒類を売ろうとしている人たちの裏工作であるのも否めないんですけど。そりゃ、今まで苦戦していた缶飲料が、ストロング缶の登場で一気に売れたら良い感じはしないでしょう。
 でも、それにあり余って、ストロング缶が危険なのも事実なのです。

 何故ストロング缶が危険なのかは以前も書きましたが、高アルコール度数が、炭酸と香りでスイスイ飲めちゃうのも危険ですし、それで酔っ払うことで多幸感→酔い、醒める。自分の現実を知る→また飲む の繰り返しで、最終的に肝臓ボロボロのアル中のできあがりってなるのも怖いんです。

 アル中と酒飲みは切っても切れませんからなあ。
 私も、ついついぐい飲みに3~4杯、とか飲んでしまいますし、人のこと言ってられないんですけどね。まだ、1リットルとかは飲んでないから平気か……。でも、アル中って量じゃないって言いますけど。チェーンスモーキングならぬチェーンドリンクが怖いんです。「起きてる間はずっと飲む」ってのが良くないらしいですね。これは、アル中の吾妻ひでおさんとか、鴨志田穣さんの著書にもあります。
 
 アル中と薬中のダブルコンボの中島らもさんは、死因が「バーの階段から足を滑らせて」ですからね。まあ……酒飲みにしてみれば「酔っ払って良い気持ちのまま死ねたなら本望だろう」って思うのかもしれません。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示