春を愛する植物たち | 魔法石の庭3rd
FC2ブログ

春を愛する植物たち

 何ヶ月かの時を超えて……今!盆栽復活!
879

 ボケの花です。本当は赤い花のが欲しかったのですが、赤は咲ききっちゃってましたから。
 白いボケも良いですね。まだ蕾が沢山付いているので、これから咲いてくれるのだと思います。

 今まで買ってきた&見てきたボケの盆栽って、ぽつぽつとしか花が咲いてなかったので、「ボケってこういうもんか」と思っていたのですが、こんなにばーっと咲くボケもあるんですね。幹も太くて、非常に質の良い盆栽だと思います。

 あとは、今年の冬を越せなかった植物を片付けて。私のプロフィール画像のハオルチアも枯れました。一ヶ月くらい水やらなくて、それでもぷくぷくしてたので、油断して「ならまだいっかー」と水をやらなかったら、ある日突然枯れました。
 後から考えると、「そりゃ枯れるわな」ってことですが。サボテンはまだ大丈夫です。思いっきり冷気当たるところに置いてあるのですが、枯れてませんねえ。

 それと、ぼちぼち桜が咲き始めました。でも、桜を見るところがだいぶなくなってきてしまったのです。
 昨夜、林先生の番組でやっていたのですが、「桜の害虫であるカミキリムシが繁殖しているため、他の地域の桜を守るために伐採されている」のだそうです。薬とかでやっつけられれば良いのですが、カミキリムシは木の内部に入り込んでしまうので、薬剤を散布しても効果はないのだとか。
 厄介な虫ですね……。
 これも昨夜のテレビ情報なのですが、「甘いトマトの水耕栽培」をしている女性農家さんが、「虫は、見たことある虫なら平気になりました」と言っていました。農家とかガーデニングしてると、虫とは切っても切り離せないですからねえ。
 そして、その女性農家さんは、雇っている人も皆既婚女性。そして、子供が小さい人ばかり。
「働きたい人が働けるような環境にしたい。そして、急に子供が病気をしても休めて、帰るのも定時の5時で終わり。それなら、そのまま保育園に迎えに行ける」のだとか。

 農家って休めなくて大変なイメージあるのですが、その女性農家さんはそういった農家のイメージを覆した人なのだそうです。
 
 さて、ボケですが、開花時期は3~5月、それと、10~12月と2回あります。
 バラ科なので、とげがあるようですが、私の買ってきたボケにはありません。ボケにもとげがない種類があるのかも。
 
 他の植物たちも、春の陽気で目を覚ましつつあります。水やりも、2日に1回だったのを、1日1回にしようと思います。
 アジアンタムは、ちりちりになったり芽を吹き返したりを繰り返していますが、根っこはまだ大丈夫な様子。
 ビカクシダが元気で、胞子葉をぐんぐん伸ばしています。
 春ですねえ……。皆、すくすく育てよ……と思います。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示