うちの祖母はキャリーの母 | 魔法石の庭3rd

うちの祖母はキャリーの母

 ルチル来ました-!ちょっと水晶部分が濁ってるところもありますが、針びしびしで良い感じ。これが3000円だったら良い買い物なんじゃないでしょうかね。
870

 さて、今回お世話になったネットショップの評価を見ていると、「良くない出品者です」の欄がぽつぽつ……。
 で、そこには「届いたルチルに黒い内包物が混じっていました」とか書いてあったのです!

 ……あの。ルチルには、ヘマタイトが混ざって黒く見えることもあるのですよ。しかし、これは「幸運の印」とも呼ばれ、特に「太陽ルチル」と言われる、ヘマタイト部分から放射状にルチルが伸びていると、「パワーが更に強くなる」とも言います。
 だから、ヘマタイト入りルチルはラッキーなんですけど……。

 実際、ヘマタイトとルチルは相性が良いとされており、ルチルの「放射する金運」を、「貯められる金運」にするのがヘマタイトだと言われています。

 さて。
 今日は仕事……だったのですが、生理が来てしまい、お腹痛いので、通院だけ行って帰ってきました。
 生理つらいです……。母も生理が重いタイプだったので、遺伝してしまったようですね。
 母の場合、「とにかく出血がひどい。夜中でもナプキン替えないといけない」と言っていましたが、私はそれよりは大丈夫です。ただし、気分が荒れたりするので、PMSになるんでしょうなあ。
 
 しかし、祖母は生理がものすごい軽い人だったらしいんですよ。だって、私が「生理だから仕事行けない」というと、「甘ったれんな。生理なんて3日で終わるべ」と言われ、「はあ!?普通一週間は続くでしょ!」と抗議したら「生理が一週間も続くんかい!?」と驚かれました。
 ……3日で終わって、しかも仕事行けるくらい軽い生理……うらやましい。何故、祖母の方が遺伝しなかったのだ。

 しかし、祖母は「生理なんて気合いでなんとかしろ」という脳筋なので、ぼちぼち衝突します。
 で、「なんか、祖母ってキャリーの母みたい……」って思ってしまいました。

 名作ホラーとして名高い「キャリー」。主人公の女の子・キャリーが初めて生理になったとき、その母は敬虔……というか、ほぼ「狂信」に近いキリスト教徒なので、母にそれを伝えると「信心が足りないからそんな恐ろしいことがおきるのよ!!」と叫び、「神に許しを請いなさい!!」とヒステリックにキャリーの頭をつかみ、礼拝堂に引きずっていって十字架の前で何度も頭を下げさせるという……。
 学校ではいじめられ、家庭でもヒステリックな母親に抑圧されたキャリーは、ある日とんでもない超能力を身につけてしまい、復讐を決意する……という映画なのですが。

 今までも何度か書いたことあるのですが、多分、うちの祖父母、いわゆる「毒親」です。
 そりゃ、毒親に育てられたら、孫も毒になるわな、という感じですね。2人とも働いてないし。社会不適合者だし。
 実の親も、そんな祖父母のヒステリーを黙って見ている人たちでした。両親も、子供を守らなかったのです。そういうのを「空気親」と言うらしいですが。

 子供、持てる気がしません。育てられる気がしません。
 そもそも、それ以前に相手がいないのですが、恋愛も多分できないだろうと……。
 無理無理。カタツムリよ。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示