虹入り水晶にお湯は×? | 魔法石の庭3rd

虹入り水晶にお湯は×?

 ヒマラヤ水晶のペンダントトップ、2個まとめて付けたらリッチな感じに。
 なので、正月休み明けに、特大のペンダントトップを注文しちゃおうと思います。まあ、特大といっても、ヴァジュラなんかを身につけていたこともあるので、あんまり大きく感じないとは思いますが。

 さて、ヒマラヤ産とブラジル産の水晶の違いですが……はっきり言って、そんなの違いません。
 ただ、どちらのパワーがより感じられるかという話です。

 ヒマラヤ産でも、採れる地域によって違いますし……ブラジルのミナス・ジェライス産でも普通の水晶からレムリアンシードまで色々採れます。
 さらに、ヒマラヤ産とブラジル産、そしてその他の水晶でも、はっきり言って見分けなんてつきません。全部水晶ですから。

 鑑定に出しても、「天然水晶」とは出てきますが、採れた地域まではわかりません。
 じゃあ、なんでヒマラヤ水晶やレムリアンシード、アゼツライトが高いの?と言われると、「付加価値」としか言えなかったり。
 その水晶に何を求めるか、なのです。普通に綺麗な無色透明の水晶なら、ブラジル産が良いでしょうし、パワーを感じたいのならヒマラヤ産です。更に細かく、高次のパワーが欲しいのならアゼツライトですし、古代の神秘を感じたいのならレムリアンシードです。

 つまり、水晶の産地や名称なんてものは、いくらでも偽装可能なんですよねえ……。
 ショップ側が「ヒマラヤ産」と言えば、「ヒマラヤ産なんだな」と信じるしかありません。アゼツライトはまだ、白濁しているという意味では見分けがつきますが、研磨されたレムリアンシードとかだと、バーコード模様が見えないので、難しくなったり。
 
 ちなみに、バーコード模様=レムリアン というわけでもありません。普通の水晶にもバーコード模様……成長線はつきますが、レムリアンシードとは、限られた地域で採れる水晶のことを言います。

 水晶の仲間には、他にもレコードキーパー(3角形の模様)やトライゴーニック(逆三角形の模様)が見られますが、これらも磨かれてしまえば消えてしまいます。
 原石だとわかりやすいのですが、アトランティスの知識も、磨く方にとっては「ただのでこぼこ」です。なので、知らないうちにそういった水晶類を持っている人もいるかも……。

 そうそう、虹入り水晶を持っている人にちょっと注意です。
 虹、消えることがあります。主に、お風呂などでお湯に浸かってしまうと、水分が虹を作っているヒビの中にまで入り込んでしまうので、それで消えることがあります。というか、私が消してしまいました。
 虹がはっきり見えていたはずなのに、すっかりなくなっていて、なんでかな?と思ったら、一緒にお風呂に何回か入ったことを思い出したんですね。
 で、じゃあ乾燥させればもう一度虹が出るんじゃない?と考えると思いますが、お湯がヒビの中にまで入っている場合、乾燥させても表面だけ戻りますが、中まで入ってしまったお湯はなかなか蒸発しません。結果、虹入り水晶がただの水晶に……ということもありえます。

 どうも、水は平気らしいですが、お湯に浸けているとヒビの中にまで入ってしまうようですね。多分、水晶自体が膨張して、ヒビを深くする=お湯が入りやすくなる という感じだとは予測しますけど。
 というわけで、虹入り水晶は一緒にお風呂に入らない方が無難です。汚れが気になったりしたら、水で洗って、よくタオルで拭きましょう。

 ちなみに原石の場合、汚れなんかが鉱物の間に溜まることがありますよね?
 そういう場合は水洗いして、水晶より硬い鉱物なら、使い古しの歯ブラシでこすれば汚れが落ちます。アクセサリーの場合も、汚れが気になったら歯ブラシでこすってあげましょう。
 ……ただし、歯磨き粉はつけてはいけません。歯磨き粉の中には研磨剤が入っていることが多いので、鉱物に傷をつけてしまいます。
 汚れてしまったのなら、中性洗剤を使って洗いましょう。

 そうそう、私事なのですが、ヒマラヤ水晶のペンダントトップが、虹が綺麗に入っていたところが欠けて、虹なしの水晶になってしまいました……。
 これはこれで綺麗なのですが、虹、もったいないことしたな……。色んな所にぶつけましたし、虹が出ているということは最初からヒビが入っているということなので、欠けてしまうのも仕方なかったのですが、見つけた時はショックでしたね-。

 一応、小さく虹が入っている場所はあるのですが……ああ、もったいない。でも、石は願いが叶うと欠けるとか、災難を持って行ってくれた時に欠けるとか言いますから、縁起はいいんでしょうけどね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

私が石屋さんで教わった知識としては、『虹入り水晶』は水やお湯なら虹が復活する可能性は大なんですが、『人間の皮脂が入ったりすると』ダメらしいですよ。やっぱり肉眼では目立たない様な、細かい亀裂(クラック)の中に入り込んでしまうらしいです。
石が欠けたり無くなってしまうのは厄払いというか、『悪いものを持っていってくれた』と捉えた方が気分的には楽ですが、やっぱり自分のお気に入りの石とかだと悲しいですよね……。(私も何度石が行方不明になった事か……(*_*))
Re: タイトルなし
あー、油はダメですよねえ・・・。水ならまだ平気かと思いますが。
お気に入りの石がかけてしまったりすると、やっぱり悲しいです。でも、行方不明になったと思っていた石がある日ひょっこり出てきたりもして、「あんた、ここにいたの!?」と驚くこともあります。
確かに、なくした場所はわかっているはずなのに、まったく別の場所から出てきたりして、石って移動するという説を信じたくもなります。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示