芋焼酎の作法 | 魔法石の庭3rd
FC2ブログ

芋焼酎の作法

 家の近所のミスドが潰れてました……。
 そこでは、中高と仲良くしてた友達が働いてたんですけど、その友達は今どこにいるんだろうな~って思いました。でも、会いには行かなかったんですよねえ。わかるかな……嫌いになったとかじゃなくて、会いに行って余計な気を遣わせてしまうのも嫌だし、ミスド食べたいけど会って話をするっていうのが、苦手で。
 その子のことは、決して嫌いじゃないですよ?以前、「力になりたい」って言ってくれて、本当に嬉しかったので。
 
 まあ、単なる私のわがままってだけです……。
 元気かな、元気だったら良いんだけど、とはそこを通るたびに思います。

 さて。
 なんでも、焼酎って0カロリーらしいです。
 ……いや、サンドウィッチマンのネタじゃなくて。「カステラは平らに潰したらゼロカロリー」とか「揚げ物は、カロリーは熱に弱いのでゼロカロリー」とか。そういうんじゃないです。前にも書いたな、これ。

 酒の中ではダイエットとか今流行のノンカロリー飲料には使えます。
 でも、糖分はどうなんでしょう?私も、血糖値結構高いので気になっているんですが。採血検査の前には飲まない方が良さそうです。
 
 ただ、焼酎はアルコール度数が高いので(普通のビールだと5~6%くらい。ストロングゼロは9~14%、焼酎は25%)、焼酎初心者はまずは割りものをして飲んだ方が良いでしょう。
 お湯割りとかロックとかありますが、好きに飲んだら良いんです。私だってコーヒー割りとか紅茶割りしますからね。
 お湯割りの場合、酒6:お湯4というのが最も焼酎を味わえる比率だと言われています。
 でも、いきなりビールとか缶チューハイから焼酎に来た人は、7:3だって良いんです。好きな割り方をしましょう。

 あとは、「この焼酎、角があって飲みにくい」という場合には、味をまろやかにする技があって、一晩杯に注いでおいた焼酎を飲む、ということもできます。
 一晩寝かせることで、アルコールが良い具合に飛ぶので、辛さとかがマイルドになるんですね。

 確かに、焼酎は「おっさんの飲み物」とか「アル中が行き着く先」とかさんざんな言われしてますけど、逆に「酒飲みが最後に行き着くホーム」とも言われているんですよ?
 また、安い焼酎飲みだと、冒険心とか開拓心が刺激されてうずうずします。安酒でも美味しい酒ありますしね。

 今、焼酎の飲み方で気になるのは「熱燗」です。今の時期、全盛ですよね。
 熱燗できゅっと一杯ね。ああいうの、憧れます。

 でも、やっぱ私がお勧めしたいのは、ストレートでまず味わって貰うことです。
 ストレートっていうのは、焼酎そのものの味ですからね。まずは、アルコール度数が気になる人は、唇に付けてぺろっと舐めるだけでも良いんですよ。そこから焼酎の世界に入って貰うと、焼酎がよくわかると思います。
 栓を開けたら、まず、香りを楽しんで、それから杯に注いでアルコールの辛みと、そこに広がる甘さ、それからわずかに残る芋の風味を味わっていただきたい。 
 
 ワインのティスティングではないので、「そうしなければならない」ということではないのですが、それが私の焼酎を頂くときの作法です。
 こうすると、美味しい気がします。誰にともなく「乾杯」と器を掲げてから飲んだりね。
 
 芋焼酎は、奥深くて楽しい酒です。
 皆さんに美味しい芋焼酎との出会いがありますように!乾杯!
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示