アクアマリン・モルガナイト | 魔法石の庭3rd

アクアマリン・モルガナイト

 久しぶりにモール行ったら、買い物しまくりました……。
 少しずつ買ってきたものをアップしていきますね。

 まずは、行きつけの石屋にて。アクアマリンとモルガナイトのブレスレットです!
 指輪もアクアマリン。これは、去年から1ヶ月待ちだったセミオーダーのもので、本日やっと届きましたよ!粒が大きい!
844

 石屋では、顔なじみの店員さんがいて、最初、「こちらのパンフレットをどうぞ」と、効能が書いてあるパンフをくれようとしたのですが、私の顔を見て「あ!あなたでしたか!じゃあパンフレットは必要ないですよね~」と引っ込めました。……お姉さん、わかってるう~。

 アクアマリンは、元々青系が好きなのと、何故かキラキラしていて透明感のある石が最近気になっているので、思い切って買っちゃいました。……なんでも、「幸せな結婚に結びつく縁を引き寄せる」とのことで、実際にアクアマリンを付け始めた友人が2人とも、「結婚したい人」ができていたので、あやかろうと思いまして。
 もう3×歳ですしね……結婚とか憧れます。というか、これまでに不幸な恋愛ばかりしてきたので、そろそろ私も幸せになりたいのですがいかがなものか。

 ブレスレットの方のアクアマリンは正直、低グレードのものなのですが、見ていると一つ一つの石に個性があって、これはこれで面白いです。透明感はないので、いわゆる「ミルキーアクアマリン」に近いですね。
 それと、モルガナイト(白っぽいピンクの石)は、アクアマリンと同じベリル属の石で、効果は「自分自身を愛せるようになる・受けた心の傷を癒やす」となっています。
 恋愛ブレスとしては、この組み合わせは良いですね。何せ、友人から幸せいっぱいの報告を受けているので、そろそろ「いいなあ~」と思っていますし、常々口に出すようにもしています。

 友人は、「彼は頭をなでてくれるし、いつも『好きだよ』とか『可愛い』とか言ってくれる」のだそうで。その友人も、かなりの苦労人なので、そういうのが報われるんだなあと。幸せになってね、と友人として本気で応援しています。シャイな子なので、なかなか聞き出せないのですが。
 実際に可愛いとか可愛くないとかは、もはやどうでもいいんです。たった一人の、本当に愛する人に「可愛いよ」と言われるのなら、百人に「ブス」といわれようが、女は平気なんですよ。

 さて、普段あんまり付けないゴムブレスですが、このアクアマリンとモルガナイトのブレスレットは前々から気にはなっていました。一時期、店頭から消えたことがあって、「売れちゃったのかな?それとも、人気なくてしまわれたとか?」と再入荷を心待ちにしていたのですが、今日やっと巡り会えました。で、買っちゃいました。

 たまに、石の端っこに黒い点が付いていて、「これは、染料か何か?」と思っていたのですが、どうやらこの点はいわゆる内包物のようです。これが、もっとアクアマリン自体の色が透明で、黒っぽいところが石の中に浮かんでいるように見えると、「モスアクアマリン」となるそうで。
 また、ベリルは結構脆いそうで、机にぱたっと腕を落とす仕草が癖になっていたりすると、アクアマリンもひび割れてしまうとのこと。

 指輪も、私にとっては「当たり」。お風呂で湯船に沈めたりすると、そこだけ透明になったように見えます。面白い。
 それだけ透明度の高い石で、キラキラ光ります。

 なんでも、アクアマリンは「夜の女王」とも呼ばれ、夜会の際に貴族たちが薄暗い明かりの中でも輝くこの石を好んで身につけていたとされます。
 ペリドットなんかもそうですね。こういった半貴石ですが、今も大粒でグレードの高いものを望むと、結構なお値段します。また、アクアマリンの中でも「サンタマリアアクアマリン」という、水色のもっと濃い石もあります。これも、お高いです。

 効能だけなら、グレードはあまり関係ないですけどね。身につける側の好みです。
 資産価値は、全くありません。そもそも、資産価値のある石というのはほぼダイヤで決まりなので、半貴石は売ってもたいしたお金にはならないのですよ。
 ですから、もう趣味の世界ですね。趣味で集める・趣味で決める、そういう世界です。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示