ブラウンダイヤのフラワーリング | 魔法石の庭3rd
FC2ブログ

ブラウンダイヤのフラワーリング

 お年玉で買った1ctのダイヤモンドが届きました!
842

 あくまで「合計1ct」ですが。フラワーリングなのですよ。
 資産として持つのなら一粒で1ctの方が売値は高いのですが、このフラワーリングは一目惚れしちゃってそんなのどうでも良くなりました。どうせ、売らないし。

 ちなみに、ちょっとブラウンかかった色なので、多分シャンパンブラウンダイヤと呼ばれる色合いのものだと思います。安かったですしね。一応、付いてきた鑑定書によると「天然ダイヤモンド」としか書いてないのですが。

 とにかくキラキラしてて美しい~。またダイヤ沼か……とも思ったんですけど、一目惚れじゃあしょうがない。
 
 私、つい最近までフラワーデザインってしっくりこなかったんですよ。なんか、自分的にはクロスデザインが好きで。だから、クロスのダイヤペンダントとかは持っていましたが、エタニティとかもあんまり好みじゃなくて、避けていました。
 なのに、このフラワーリングには惹かれたんですよねえ。恋……かな?いや、私が石たちに感じるのは、アガペー(性愛でない愛)なのですが。

 まあ、普段から金ない金ないって言ってる私ですので、その範囲内で買えちゃうお値段でした。
 ン万円ですけどね。さすがに1ctで何千円ではないわwというか、そんなダイヤあったら私が欲しいです。
 ダイヤ沼に入ってから、ン万円が安く感じるという……恐ろしいなあ。普通はン十万の世界ですからね。ダイヤブランドすごすぎ。

 しかし、ダイヤって鉱物的には結構よく採れる宝石なんですよね。元凶のデビアスが流通量を調整しているせいで高いですけど、本来はそんなに珍しい宝石というわけでもありません。
 というか、ダイヤって炭素なんですよ。だから、結構採れるわけで。炭ですから、火事になったら普通に燃えますし。さすがに、ライターやコンロであぶったぐらいでは平気ですけど。

 以前、「マツコの知らない宝石の世界」で、インド商人のカピルさん(この人、この番組に出たら名前が売れてしまって、「ボーナス出たからカピルの店で宝石買いに行く」と掲示板に書き込む人も)が、「ダイヤよりお高い極上宝石」として出したのが、「タンザナイト」「パライバトルマリン」「アレキサンドライト」でした。
 
 タンザナイトって、結構そこらでも手に入る感じですが、問題はグレードです。普通に宝飾店で1万くらいで売ってるタンザナイトは、大抵薄い色の紫っぽい色をした石です。これが、石の色が濃くなるにつれてお値段も上がっていきます。
 マツコが最初に見せられたタンザナイトに、「あら?これ、私の知ってる色じゃないわ。もっと濃いもの」と言ったら、カピルさんが「マツコさん、さすがですねえ!こういう商売人は、最初に良いのは見せないんです!」と褒めていました。

 パライバは、さくらももこの本で人気が出た、珍しいトルマリンの一種。
 その色は「宇宙から見た地球の色」とも呼ばれており、さくらももこの著書で「うすい緑に、すこ~しだけ青が混ざった色」と書いてありました。
 鮮やかなネオンブルーが特徴のこの石は、既に鉱山が閉鎖されているとも言われます。

 そして、アレキサンドライト。
 この石は、普段は緑色をしています。
 しかし、白熱電灯やろうそくの明かりの下では、真っ赤に色を変えます。これを、カラーチェンジと言いますね。アレキの他にも、ガーネットもカラーチェンジする石があります。
 アレキは、他の石と比べると、めちゃくちゃ高いです。私が楽天で見たのは、2000万とか。外車とかマンションぐらいは買えちゃいそうです。
 しかし、人工アレキサンドライトといって、水色からピンクに変わるアレキも比較的安価で手に入るので、「いつかは本物のアレキを……!」と思いながら人工を愛でるのも良いかもしれません。

 しかし……いくら価格操作されていたとしても、ダイヤはやっぱり美しい!
 元々私は、ファンシーカラーダイヤの方が好きだったのですが、最近は無色透明なダイヤを夢見る毎日です。そして、ちまちまお金貯めては1ct(一粒)の安いダイヤ買ったり(これは親へローンを組んでいて、毎月2000円づつ返している)、こういうブラウンダイヤの1ct(合計)を買ったりしています。
 逆に、ファンシーカラーはあんまり興味なくなってしまいました。一応、ブルーダイヤとピンクダイヤは持っていますが、近頃あんまり付けていません。

 でも、ダイヤは個性があって面白いのです。
 光り方も、それぞれ違いますしね。ファイアの出方とか。ニヤニヤ眺めている次第です。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示