ストロング缶のおそろしさ | 魔法石の庭3rd
FC2ブログ

ストロング缶のおそろしさ

 「酒怖ええ……」と思った出来事。

 まず、こくいもを化粧水作りに回したことで、サツマイモと麹だけの芋焼酎を飲むようになりました。
 そしたら、こくいもを飲んでた頃に起きていた、翌日の体調不良(軽い二日酔いみたいな感じ)がなくなってびっくり!やっぱり、100%本格焼酎だと違うんですね……。本格焼酎も、安いものなら1800ml1500円くらいで売ってるところもありますし。酒は混ぜ物しちゃダメなんだなあと。

 で、小鶴を始め、黒霧・島美人・不二才をそれぞれ飲み比べて楽しんでいたまでは良いのですが、昨夜、うっかり薬を飲んでからすぐ晩酌を始めてしまったら、翌日、記憶飛んでました。晩酌してからの記憶がありません。
 でも、ちゃんと暖房を切って、明かりを消して、布団に入って寝てました。人間の習慣ってすごいな!というか、薬が胃に残ってる状態で飲むなとあれほど……。
 皆さんも、特に眠剤を処方されていたら、酒を飲むなとは言いませんが、間を30分開けてから飲むようにしましょう。酒と眠剤はごっちゃにしちゃダメよ。

 でも、段々「酔う楽しさ」みたいなのがわかってきた気がします。頭がふわ~ってなってくるんですよね。確かに気持ちは良いです。
 まあ、酔うにしてもほろ酔い程度にしておかないと、昨夜の失態のように記憶なくすので、注意ですね。

 そういえば、ちまたでは「ストロング缶」なるチューハイが人気のようです。うちの方のドラッグストアでも、缶チューハイはほぼストロング系が浸食しています。
 今までの甘いチューハイと違って、「飯に合うチューハイ」として、辛口を押し出したお酒なのですが……。これも、何かきな臭いことになっているようです。

 まず、ストロング缶の特徴として、「アルコール度数が9%~なので、すぐに酔える」というのがあります。
 しかし、ストロング缶1本をアルコールに換算すると、ウォッカのショットを3杯飲むことになるそうです。これで、かなりきつい酒だということはわかりましたね?

 それが安価に買えるということで、今はかなり売れているようですが、なにせウォッカ3杯ですから、2日酔いも酷く、「普通のウォッカも飲める俺だけど、ストロング系は悪酔いする。あれは、なにか混ざっているものが違う」という話もあります。
 
 twitterなんかでは、「ストロングゼロ文学」なるものもあり、「ストロング缶飲んでる間は、嫌なことを忘れられる」ということを詩的に表現することで、賑わっています。
 私は、「美味しい酒は美味しく飲む!」というのが酒飲みの前提にあるのですが、ストロング缶を求めている人は、「とにかく早く酔って現実から逃げたい」っていうのがあるんですよね。もちろん、「この辛さが良いんだよ!」と、ちゃんと酒を楽しんでいる人もいるとは思いますが。

 なんというか、酒が現実逃避の薬になっちゃってるのはどうかな~とは思うんですけど。
 実際、ストロング缶を飲むことで、アル中になる人も多いそうです。現実逃避は現実逃避で結構なんですけど、それがお酒のせいになって、規制とかかかったら他の酒趣味の人にまで迷惑かかりますしね。そういうのはいかがなものか、とは思います。

 まあ、ジャンクフード食べまくって、夜中のラーメンが止められない私がどうこう言っても説得力全くありませんけどね!
 ストロング缶も、健康診断で引っかからない程度なら結構だと思うんですよ。でも、体壊したら遅いよ!とは思います。……私のラーメンも止めるべきだって話ですけどね。えへへ。
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示