爆問、太田夫妻のこと | 魔法石の庭3rd
FC2ブログ

爆問、太田夫妻のこと

 メリークリスマス!ですねえ。
 昨日は、一人前2000円する仕出し弁当を食べました。23日ですがな。今日は母の手作りごちそうです。

 このお弁当、料亭のものらしくて、和食はあまり好きではない弟が珍しく完食するほど美味しいお弁当でしたよ。なんでも、そこの料亭で、父の会社の部長さんと会食した際に、母が「ばあちゃんにも食べさせてあげたいね」と言ったのを父が忘れないでいて、一昨日からお弁当を注文していたそうです。
 母は昨日は忘年会だったのですが、帰ってきてから母の分のお弁当も全部食べていました。「美味しいから全部食べられちゃう!」と。
 うちの父はかなり家族サービスについてはマメな人です。時々、そのサービスの仕方が謎なことがありますが、まだ「おむつ替え用スペース」が女性トイレにしかなかった頃にも、おむつの取れていない私をいろんな所に連れて行ったといいます。

 そういえば、太田光が、父親がそろそろ危ないという時に入院させていたら、「こんな広い個室なんて高いだろ?」とかお金の心配をされたり、「俺はお前に何もしてやれなかった。俺が嫌いだろ?」と問われ、太田は「嫌いだと思ってたの!?」と驚いたとか。
 で、「そんなことないよ。学校も出して貰ったし、世話になったよ」と言うと、父親は「そうか。してやれたか。そうか」と喜んだそうで、太田は「俺はなんて親不孝だったんだろう」と悔いたとか。

 太田も既に芸人としては申し分なく売れているわけですし、光代社長も社長業と複数のお店を経営しているわけで、お金なんて沢山ある状態だったんですけどね。やっぱ、親っていつまで経っても子供に対しては「俺に金を使わなくてもいいよ」で、逆に小遣いをあげるぐらいの気持ちなんでしょうねえ。

 あと、みっちゃんは、数年前同じタイタン所属のタレント326が子猫を拾い、「こんな小さな子猫、育てたことがないので、猫飼い経験者の人に譲りたい」とtwitterでつぶやいたところ、みっちゃんが名乗りを上げたとか。
 で、326は「猫アレルギーでつらいはずなのに、必死に真っ赤になった両腕で子猫を温め続ける光代社長に、一生ついていこうと思った」とツイートしています。
 その猫は、探偵物語の主人公の名前をとって「工藤ちゃん」と名付けられ、それまで太田夫妻の愛猫だった「ミニモ」のペットロス状態から太田夫妻を救ったといいます。

 太田は最初、「俺は猫が好きなんじゃない。ミニモだから好きだったんだ。ミニモ以外の猫は嫌いだ」と言い、工藤ちゃんをすごい目でにらみつけていたらしいですが、そのうち子猫の愛らしさに負けて、すっかり工藤ちゃんにでれでれになったとか。太田はツンデレだから……。
 ちなみに、ミニモのペットロスについては、みっちゃんは「あの頃はかなり精神が参っていて、夜中に外に出て、ミニモのお墓の所にずーっと座ってたこともあった」と。

 で、みっちゃんはtwitterで「ミニモの次にこの子が来てくれた。でも、この子はミニモじゃない。この子はミニモの代わりじゃない。そのことを忘れないようにしなければ」とつぶやいており、ペットロスの人がそう決断するのはかなりの勇気が要るのではないかと思いました。
 うちの母が、私が産まれる前に母方の祖母が亡くなったので、「かみなはお母さん(母は未だに祖母のことをそう呼ぶ)の生まれ変わりだから」とはよく言われていました。でも、それって言われる方も困るんですよね。私は他の誰でもないし、なんとも答えられずにヘラヘラ笑ってましたけど。

 爆笑問題は、夫婦そろって結構いい話多いんですよねえ。
 もちろん、ギャグ話も多くて、「太田さんは光代さんと別れようと思ったことはないんですか?」と聞かれて、「殴られてる間はしょっちゅうそう思う」と答えていました。みっちゃん鬼嫁ですから……。
 でも、何故それで離婚しないのかというと、みっちゃん側は「あの人(太田)は絶対自分じゃ動かないから、離婚となったら私が全部書類を書いて届け出なくてはならない。そして、私が作った会社で稼いだ金を支払われる。元は私の金。これで若い女とでも再婚された日にはもうたまらなくなるから離婚はしない!」のだそうです。
 
 まあ、良い夫婦ではあるんでしょうね。思いっきりDV案件なのに、二人とも「それでいい」と思ってるところがなんとも。共依存って話もありますけど。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示