プルメリアの花はいつ咲く? | 魔法石の庭3rd

プルメリアの花はいつ咲く?

 約2000円の出費でしたが、買ってしまいました。
764

 これからの時期、花芽が付けばいいですね!プルメリアの木です。
 でも、プルメリアは1mくらい背丈がないと花を付けないという話も……何年かかるんだろ?
 
 夏の花といえば、ヒマワリ・ハイビスカスなどが有名ですが、実は常夏の島・ハワイでは、ハワイ全土の女神ペレに捧げられる、聖なる花としてプルメリアが挙げられるそうです。
 特に、プルメリアのレイ(花で作られた首飾り)は、生花なら10~20ドルで売られているそうです。今のレートで換算すると、約1500円くらい?生花なので、あんまり日持ちしないのが難点ですが、雰囲気は出ますよ。

 また、ペレ信仰では、プルメリアの紋章を象ったアクセサリーを身につけるというのも。ハワイアンジュエリーとしてよく使われるモチーフが、プルメリアなのです。
 
 そんなプルメリアですが、開花時期は6~9月と、結構幅広くなっています。なので、9月まで待って「今年は咲かないのかなあ」と諦めかけた人でも、9月を超えた頃ににゅーっと花芽が出てきて咲く、ということもあるそうです。なんと、11月で咲いたという話も。
 
 花芽は、かなり独特の形をしています。はっきり言って、「蓮コラ」っぽい……。ぶつぶつ恐怖症の人は、検索しないように。
 しかし、花が咲くと、かなり良い香りがするそうです。

 しかし、1mとか言ってる時点で、「もっと大きくなる植物」だということが分かりますね。
 その通りで、鉢植えでも大きなものは2mにもなるそうです。冬以外の時期は日当たりを好むので、室外でも育成できるのですが、南国の木なので耐寒性はあまりありません。なので、冬になったら室内に取り込み、冬越し(葉が枯れてくるので取り除き、室温5度以上を保つ)をさせるのですが、この取り込む作業が、鉢が巨大になると大変なのだそうで。
 
 それと、プルメリアを育てる上で、気をつけておくべきことは、樹液についてです。
 剪定などをする際に、切ったところから白い樹液が出るのですが、それが猛毒を持っています。口に入れると危ないのですが、皮膚に触れるだけでもかぶれたり赤く腫れたりします。なので、剪定をする時は、長袖にゴム手袋を着用して作業をすることをお勧めします。万が一皮膚に触れたら、すぐに水でよく洗い流してください。
 また、鉢を移動させる際にも、傷つけたりすると葉っぱからでもその猛毒物質入りの樹液が出るので、気をつけて移動させてください。

 ……というのも、私が袋から出す際に、折れ曲がった葉っぱがあったので「これはちぎっちゃおうかな」と素手でちぎったら、葉っぱから白い樹液が出てきて、「うわっ」となったからですけど。最初に、有毒物質だとは事前知識があったので、なおさらびびりました。別にぴゅーっと出る感じでもないんですけどね。じんわりしみ出てきます。

 さて、プルメリアの花ですが、苗自体をある程度成長させないと花は付かないと言われています。私の買ってきた苗は幼苗なので、花が咲くのは2~3年後かな……とも思っています。
 また、プルメリア自体も気難しい木であり、「去年は花が付いたのに今年は付かない」ということもあり得るそうです。中には5年かけて花が咲くようになったという人も。

 そこまでして何故人はプルメリアに惹かれるのかという話になりますが、私としては、「樹木姿のままでもゴムの木みたいで十分観賞できる」ということも挙げられるかと思います。
 あとは、花姿の美しさと香りでしょうかね。花も、夏だけ咲くこともあれば、一年に2回、春と秋に咲いたりすることもあるそうですし。
 プルメリア、面白そうな植物です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示