アイリッシュモス:でも苔じゃない | 魔法石の庭3rd

アイリッシュモス:でも苔じゃない

 自分の、過去記事を読んでいたら、こんな時間になってしまいました。
 正直、私はアウトプットだけしているので、過去記事を読んで、「そうか、あの頃私はこんな風に思ってたのか」としか思えません。でも、記事を読んでいて、正直面白くもありました。

 さて、新顔の植物です。
747

「アイリッシュモス」といいます。「モス」というくらいだし、苔?と思われる人も多いのではないかと思いますが、実はナデシコ科の普通の植物なんですよ。
 だから、見た目だけで「苔なら、じめじめ蒸し蒸し?」と思って育てていると、枯れます。普通の植物ですからね。

 日当たりも、夏場以外は直射日光に当てると良いようですが、今の季節は、半日陰に置きます。
 で、ナデシコ科なので、小さい白い可憐な花をポコポコ咲かせます。特に、7月~9月までに花が付くことが多いそうです。

 しかし、何と言ってもその葉っぱ!苔っぽいので、「普通に育てられる苔」としても観葉することができます。
 ただ、風通しが悪くなると枯れてしまうので、あくまで苔とは違う育て方をしなくてはなりませんけどね。

 今は、「アイリッシュモスふかふか~」と、手で触ったりしてしまっています。本当は、植物は触らない方が良いんですけどね。
 植物は強風で生育が阻害されるので、同じような人の手で触られることを嫌うのです。魚なんかと一緒ですかね。魚は、人の体温は高熱に感じるので、触ると火傷するって言いますし。

 花が付くと、一転して可愛らしい外見になるのですが、そこも魅力ではあるようです。
 しかし、アイリッシュモスは、苔とは違うので、多湿も嫌います。水をやったらちょっと放っておくくらいがちょうど良いのです。

 でも、苔に花が咲いたら無敵じゃん!と思うのですが。
 そう考えると、アイリッシュモスは無敵に近い存在ですね。蒸れるとダメになってしまうらしいですけど。
「蒸れ」がダメなら、テラリウムには向いてないですね……。テラリウムは「蒸れ」が好きな苔を入れるのですから。

 花が咲いたら、またレポートします。今日は更新遅くなってすみませんね……。ずーっと過去ログ読んでたので。まあ、そういう日もありますわな。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示