ボトルテラリウム始めました | 魔法石の庭3rd

ボトルテラリウム始めました

 苔テラリウム、届きました!5cmほどの小さな瓶ですが、中には苔がみっしり生えています。
732

 苔だけではなんなので、手持ちのアメジストのタンブルを入れてみました。
 他にもフローライトとかブルーレースとかラブラドライトとかのタンブルを持っているのですが、ちょっと大きすぎたり、「これ、水苦手だけど入れない方が良いよな?」と心配になったので、無難にアメジストを入れました。
 
 入っている苔は、「ハイゴケ」です。
 その名の通り、這うように増殖する苔で、苔界隈では普通に見かける程度の苔だそうです。
 
 テラリウムは、霧吹きなどで水をあげて、その水分を瓶の中で巡回させることで生育させます。水やりの頻度は、だいたい1週間に1回くらい。ただし、これは蓋をしている状態で、という条件が付くので、蓋を外している場合は2~3日に1度の水やりになると思います。
 苔は湿気を好みますが、瓶の底に水が溜まるくらいに水をやってしまうと、水分過多です。
 なので、水をやる際には少しずつ様子を見ながらあげられる霧吹きやスポイトで水を垂らす、という方が良いでしょう。

 テラリウムは、基本的に蓋を閉めて育てます。「俺は常識には縛られたくねえ」というロケンロールな人は開けていても良いのですが、それなら普通に苔盆栽した方が良いかと……。まあ、人それぞれですけどね。
733

 蓋を閉めるとこのようになります。生物(苔除く)がいないので、掃除をする手間はありません。ただ、苔があまりに増殖している時は、大きめの瓶に植え替えても良いです。植え替えなくても良いです。
 植え替えない場合、増えすぎた苔をピンセットなどで一本一本抜いて調整します。結構スカスカにしてしまっても、案外苔はすぐ伸びますので。

 さて、ハイゴケの育て方は、ハイゴケって苔なのに比較的日光が当たっても大丈夫です。
 理想の置き場所は、半日陰。……また半日陰かよ!って思うのですが、小さい瓶だからまあまあ大丈夫でしょう。
 何か気に入らないと(水が足りないとか蒸れてるとか)、葉っぱの色が茶色になって枯れてきます。めんどくさいけど可愛いやつです。

 テラリウムも、色々と世話をしてみたら面白そうです。
 もっと凝る人は、水槽でアクアテラリウムという、水草だけでなく水槽の中で陸上の植物も育てていたりします。まあ、今はこの5cmの世界を満喫することにしましょう。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示