シュガーバイン:60cm伸びる蔦 | 魔法石の庭3rd

シュガーバイン:60cm伸びる蔦

 うー……昨日、4時間くらいしか寝てなくて、頭痛いです。
 それまで10時間は寝てたからなあ……。急に睡眠サイクルが変わるって辛いですね。何だろう?5月病?もう6月ですが。

 で、今日、2つめの植物買い物。シュガーバインです。
707

 これだと直射日光が当たって良くないらしいので、この後吊りかごは室内に移動させました。
 うちのオサレ衣装置き(店の衣類ディスプレイみたいなやつ。正直、でかくて収納もあんまりできないのでめんどくさい)が初めて役に立ちましたよ……!吊りかごが室内に吊せますからねえ。

 あ、でも、統合失調症の陽性症状(ぽーんと「オラ悟空!いっちょ死んでみっか!」という気分になる)で、ネクタイで首を吊ろうとした時も、このオサレ家具だったっけ……。結局、死ぬ前に暴れて家具が倒れたので、死ななかったですけど。
 うちの前の主治医(すごくいい先生。自立支援もこの人が手配してくれた)に、「実は首を吊ってしまうんですけど……」と話したら、最初は「首が攣るの?薬のせいかな?」と勘違いされたので、「いえ、首をこう……(ジェスチャー)」とやったら、「ええ!?」とすごく驚かれて、「良くなってきてると思ったんだけどねえ……そっか……薬を変えようね」と言われ、めでたく「統合失調症」の病名と、メジャートランキライザーを出して貰えました。その薬で、今はなんとかなってます。

 さて、メンヘル話はどうでもいいや。読み飛ばした人はここから植物の話です。
 シュガーバインというのは、シュガー(砂糖)バイン(蔦)という意味です。その名の通り、葉の裏側に蜜線を付け、砂糖のように甘い蜜を出すのです。
 うちの方だと、3号ポットで300円くらいだったかな……。かーなーり茂っている方で、「ホームセンターの管理で、ずーっと日陰なのになんでこんなに元気なの!?」と思いましたが、シュガーバインは日光に当てると葉焼けするらしいんですよね。
 だから、夏場は明るい室内に置いた方が良いそうで。

 ちなみに、茂りすぎて、ホムセンの通路にまで枝が伸びていたので、ちょっと高めの位置にあった、元気そうな株を選びました。株によっては枝が思いっきり踏まれてるの見ましたし……。
 でも、ホムセンの管理はそれで良かったらしく、一つも茶色く枯れているものはなかったです。やっぱ、これからの季節は、多少日陰でも遮光した方が良いんですね。

 このシュガーバイン、1mくらい蔦が伸びています。普通、シュガーバインはメートル単位で計るものではなく、間延びしてしまったら下葉が落ちるらしいんですね。でも、この株は元気。3号鉢でもさすがシュガーバインだ、なんともないぜ!ってなってます。

 大手の植物育成サイトでは、「初心者向け・簡単」とされているようですが、掲示板では「何度買っても枯れる」「置き場所を変えると枯れる」「毎日水やってると根腐れする」と、結構難しい植物に入るようですね。今の季節では、毎日水をあげても良いらしいですけど、冬場なんて5日に1回とかの水やりで済んでしまうらしいです。
 しかし、冬場でも乾燥した部屋にあると、「葉っぱに異常が出て、色々試して根っこを調べたら、表面だけ湿っていて中の方まで水分が行き渡っていなかった」という話もあります。
 冬場は3日に1回くらいがちょうど良いのかも。

 しかし、このシュガーバイン、伸びます。もう60cmくらい伸びていて、「よっぽどホムセンの環境が良かったんだなあ」とは思います。
 写真に収めようとしても、収まりきらない蔦の量……。へへ、嫌いじゃないぜ!

 これからが植物の踏ん張りどころ。といっても、梅雨明けぐらいが「ここからが本当の地獄だ……!」なんですけどね。
 室内園芸は、面白いです。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示