植物趣味よ、私は帰ってきた! | 魔法石の庭3rd

植物趣味よ、私は帰ってきた!

 私は、植物趣味に帰ってきた!!
 ということで、ブログ村のランキングにも参加しました。「ガーデニング」カテゴリですけど、実際は「窓際ガーデニング」ですね……。

 私もね、なんで幾つも枯らしてるのに植物が好きなのかというと、幼い頃から植物や虫や自然と一緒に育ってきた野生児で、やっぱ植物があると安心するんですよね。
 あと、高校時代に、そういう専門の学校行ってて、行く末はバイオ研究の分野に進みたかったのですよ。高校2年で、いじめとかあって挫折したんですけど、やっぱ忘れられないのかなあ。
 その頃、「土の要らない、水耕栽培」っていうのがありまして、そっちの研究がしたかったんです……。まあ、実際は、今の技術では完全水耕栽培の野菜だと、費用がかかってしまうために実用化はあまりされてないみたいですけどね。

 さて、直射日光の当たる場所に置いておいたら、紅紫檀のつぼみが色づいてきました。
668

 枝に咲く、というよりも樹木に直接咲いてる感じになるんでしょうかね?
 なんかそういう、気持ち悪い木に生える果物(蓮コラ系。ブツブツ恐怖症の人は検索してはいけません)、ありましたよね。スーパーフードの一つの果物で、食べると健康になれると言いますが……。
 
 ちなみに、紅紫檀の花は小さくて地味なのですが、その実が観賞用に使われるとされています。
 実も、枝になるんですけど……んー、一応、あんまりキモくはないと思います。
 私は、紅紫檀は、花も楽しみですけどね-。小さいけど、濃いピンクの可愛らしい花が咲くといいます。

 盆栽の中では、「実もの」に分類され、特に晩秋の赤く色づいた実を観賞するのが一般的だそうです。
 また、よく枝が育つので、針金掛けをしたり、剪定をしたりして枝を作っていくのも盆栽の楽しみ方だとか。

 私はねー……盆栽でもお花でも、叶恭子さん曰くの「ネイチャー」を大事にしたいと思っています。
 ネイチャーとは自然そのものの姿……という意味で合ってるでしょうか?多分。
 だから、枝が伸びても自然。せいぜい枯れ枝を切るくらいで、他は伸びるに任せています。
 針金も外してしまいましたしね。別に、直立してても気になりません。ネイチャーですから。

 それなら植木にしろやって話ですが、うちの庭は祖母の管理下にあるので、勝手にいじると怒られるのですよ。祖母が骨折した時にも、「代わりに野菜収穫するよ」と言ったら、結構渋っていました。なんか、家族でも庭や畑をいじくられるのが嫌みたいです。
 まあ、庭仕事できてるうちは元気ってことですけど。正確には、うちの祖母はペースメーカー入れていたり、癌をやったりしたので、常に病気みたいなものですが、ひょいひょい歩いていますし、頭もよく回ります。で、人の言うこと聞いてないのですが、それはまあ、父も一緒かな……。やっぱ親子だわ。

 これからも窓際ガーデニング頑張りますよ-!部屋の中にもジャングルを!
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示