美容整形が許される人たち | 魔法石の庭3rd

美容整形が許される人たち

 叶姉妹のブログの虜になって数ヶ月。つ、ついに読者登録をしてしまいましたよ!
 ってか、今までしてなかったのかよって話ですけど。すみません、ブックマークから飛んでました。
 でも、これからは更新されるとリストに載るので、見逃さずにブログを読むことができますウエーイ!アメーバブログを持ってる人しか使えませんけどね。

 というか、昨日の恭子さんの話が素敵で、ですね。
 なんでも、「新大阪駅で、叶姉妹に会ったので、握手をしてもらった。しかし、自分の手は洗っても洗っても取れないほどの機械油が染みこんでおり、お世辞にも綺麗と言いがたい手。それで、握手を求めた時に、『手が汚くてすみません』と言ったところ、恭子さんは微笑んで『汚くありませんわ。働く手ですもの。素敵。ね、美香さん』と言った」そうです!
 
 私も、最初は叶姉妹って、セレブで多分美容整形を繰り返しているお高くとまった人たち、という目で見ていました。
 でも、ブログを読んでいると、どうもそういう人たちとは違うな?と思うようになってきました。そして、今では、すっかり叶姉妹にめろめろなわけです。恭子さんの哲学的なお言葉の一つ一つが、身に染みる30代。

 もうね、整形疑惑とかそういう問題じゃないのです、この人たちの存在は。むしろ、整形だからといって叶姉妹の心まで整形していたことにはならない、ということですね。リッキー・マーティンがゲイ暴露したからといって誰も驚かなかったのと同じです。違うか!

 コミケでも、大手の列で、後ろに並んでいた人が、叶姉妹の香水がめちゃくちゃ良い匂いだったので、「めっちゃ良い匂い……」と呟いたら、叶姉妹の警護をしていたスタッフがうっとりした顔で「そうなんですよ」と言ったという……。香水って、人によって好き嫌いがあるので、微妙な香りになっちゃう人っているじゃないですか。付けすぎとか。
 でも、叶姉妹は多分違うんですよね。自分たちの汗とかまで計算して「良い匂い」にしていると思うんですよ、あの人々は。

 ちなみに、香水は、まずワンプッシュ手首に取ってから、首筋に手首を押し当てて付けるのがマナーです。白黒フィルム時代の映画なんかでは、女優が首筋に直接香水を吹きかけている画をよく見ますが、あれはマナー違反。あの時代、欧米ではあまり入浴するという習慣がなかったため、きつい香水が必要だったのです。
 基本的に、香水を付けるのは動脈の上、と考えて頂ければよろしいかと。なので、太ももや膝の裏に付けたりもするそうです。これは、あまりきつく香らせたくない時に、嫌味にならない付け方だとか。

 ある噂では、「叶姉妹、今年で49歳」と言われていますが、だとしたらたいしたもんですよ。
 化粧だろうと整形だろうと、あの美しさで49とか、マジ憧れる。逆に女性ファン増えるんじゃないかな。

 整形も、技術次第ですからねえ。たとえば、プチ整形に使うヒアルロン酸注射。あれだと、1~2回使ったくらいでは影響はないのですが、ずっとヒアルロン注射してる状態だと、段々お肌が逆にたるんできて、常時ヒアルロン酸を入れていないと逆に老けて見えてしまうらしいです。
 一部の女優が年を取ると「えー!?」となってしまうのは、大抵これだとか。

 また、マイケル・ジャクソンみたいに、整形中毒になってしまうと、晩年悲惨な顔になってしまいます。整形中毒は、「もっともっと整形を!」となっている状態で、「美しくなる」のではなく「整形していると安心する」という状態ですので、他の、精神疾患を併発しているということもあります。
 実際、鬱の人とかでも、躁状態になると「もっと美しく!」と整形に手を出す人もいますしね。鬱と整形代って、金持ちだなあって思うんですけど。

 私は、病気でもないのに顔にメス入れるとか無理なので、整形してまで美しくはなりたくないです。ただ単に、注射とか医療行為が嫌いだってこともあるんですけど。
 でも、整形する人の気持ちは何となく分かるつもりです。私も、ずっと自分の顔が醜いと思っている人種ですから。こう言うと、友達や親は「普通だよ」とか「え、美人な方だと思う」と言われますが、それは欲目ってのもありますしね。多分、私の顔は下の上くらいです。

 でも、そう言ってくれる親とか友人は大切にしたいです。皆、ありがとね。
 ということで、叶姉妹と美容回でした!これからも叶姉妹を応援していきます。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示