明るい家族計画 | 魔法石の庭3rd

明るい家族計画

「銭の戦争」が面白かったので、続編の「嘘の戦争」を観ました。
 一緒に観ていた母は気に入らなかったようですが、私は面白いと思いましたね。だいたい展開は読めてしまうのですが、それでも面白いっていうのは演出とか画面映りとかが良いのではないのかな?と。
 前の「銭の戦争」よりは、ドロドロ加減は若干マイルドになっていますので、家族で観ても大丈夫だね!いや、普通人はこれでもドロドロに感じるのかな?ともかく、「カインとアベル」が、ドロドロドラマの皮をかぶったファミリー向けドラマだったので、途中で観るのを止めてしまったのですが、このままの調子でいくと「嘘の戦争」は面白く観られると思います。

 草彅君、台詞が一本調子とか言われていますけど、何せ顔が「いいひと」なので、詐欺師という役柄は合っているかと。これから、家族を殺された復讐を遂げるために、どんどん冷酷になっていくらしいのでワクワクしますね!

 さて、久しぶりにメダカでも撮るか-。
614

「メダカは上から見るもの」らしいのですが、私の水槽の場合、アナカリスがわさわさしていて、ごらんの有様だよ!!
 だから横見の写真が多いのね……。剪定すれば良いって話ですが、冬はあんまりいじりたくないですからねえ……。水草は、「脇芽が出てきたらそこから切る」というのが上手な剪定のポイントらしいので、成長期でない冬はいじらない方が良いとのこと。

 あと、水槽をのぞき込んで写すので、どうしても影になってしまいます。
 でも、幹之の一本線はよく見えますね。さすが幹之!!

 うちでは、幹之10匹、白メダカ6匹、アカヒレ3匹という内訳になっていますが、過密気味でもまだ一匹も落ちていませんねえ。メダカって、割と過密でも平気な気がします。というか、アカヒレがもう3年暮らしてるんですけど、この3匹が何やっても死にません。元々アカヒレは6匹いたのですが、次々に落ちていって、この、キング・オブ・アカヒレが残りました。全然死ぬ気がしねえ、こいつら……へへっ、俺様が……恐怖していやがる!!

 まあ、メダカもアカヒレも、強健な種なので、本当に強い個体は強いままで生き残ります。若干スパルタ式で育てても、割となんとかなりますよ。弱い個体はすぐ落ちてしまいますが、まあ、それも運命だと思います。運命と書いて「さだめ」と読む。

 ミナミは、多分計10匹は落としました。ミナミって、メダカより環境変化とかに弱い気がします。
 今は、15匹だっけな?普段はアナカリス地帯に潜んでいて、餌を撒いておくと適当に降りてきてツマツマしています。
 というか、結構餌って匂いがするらしく、今日は餌を撒いたら、アナカリス地帯にいた一匹が反応して、他のミナミを踏みつけながらまだ浮いている餌に向かって前進。そのままアナカリス地帯でツマツマしようとして餌を抱いたら、足で支えきれずに底まで落下していました。君はなにをやっているのかね。

 さて、今後ですが、ブリードする気はないので、産卵しても、隔離とかはしません。食べられずに育ったらそのまま育てる、ということになります。
 自然に任せないと、メダカとかミナミは無限に増えるので。頑張って生き残ってくれたまえ。
 あと、小川ブラックとか、鉄仮面とかが気になっているのですが、なにぶん高いのと、黒メダカは黒背景でないと色が抜けてくるとのことで、ちょっとビビってます。
 黒メダカでも、小川ブラックほどの真っ黒だと、そうそう色抜けしないという声もありますが。真っ黒って……良いですよね。

 隔離しなかったら、どれだけ増えるのだろうか……。アカヒレを飼っていた頃は、一匹も稚魚も卵も見たことがなかったのですが、あれは食べられていたのだろうか。それとも、生き残ったのが全部メスとかオスとか?

 さすがに残り各3~4匹になったら、本格的にブリードしようかと思っているのですが、その頃にはメダカもおじいちゃんおばあちゃんになっていて、産卵しないのだろうか。なんか、若者の出産離れみたいですね。子供作るのはお金貯まってから、と言っていたら、いつの間にか高齢出産になってしまうという。まあ、今の時代、30~40代で出産っていうのも珍しくないらしいですけど。
 メダカも、高齢出産のリスクとかあるんだろうか……まあ、卵産める気力があるのなら、いくらでもブリーディングはできるってことですけどね。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示