アナカリスが推しメン | 魔法石の庭3rd

アナカリスが推しメン

 1週間とちょっとくらい、水槽の掃除をしていないのですが、水草入れてから白濁りするのが妙に遅い……!
 やっぱ、水草の生物濾過パワーは……最高やな!さらに、メダカやミナミたちの隠れ家にもなり、時には餌にもなるという。皆さん、水草は入れるべきです!もっと早くこのパワーを知りたかった。

 ちなみに、私が入れているのは、アナカリスといいます。水草の中では、比較的手に入りやすく、お値段も安価です。
 この草は浮遊草といって、水面に浮かべるだけでも育つので、底にソイルを敷いていない水槽や、ボトルアクアなどにも使えます。
 ただし、ホームセンターの水草は、陳列してある環境が悪いと傷んで腐っていたり、また、エビ類のいる水槽に入れる際には、農薬が使われていることも多いので、注意です!エビ類は、農薬に非常に弱く、簡単に落ちてしまいます。
 私は、webではチャームさんが多く水草を扱っていて、しかも無農薬(種類にもよりますが……)なので、お勧めです。
 というか、うちのアクア周り、生体も含めてチャームさんにお世話になりっぱなしです。季節によっては生体や水草は大きさにばらつきがあったりしますが、まあ、それは生き物なので多少は仕方ないと思います。

 私は、ホムセン水草にはうっかり知らないで入れてしまって、ミナミを大量死させたことがあるので、カボンバはトラウマです。いや、水草には罪はないのですが。
 そもそも、カボンバは後で調べたら、固定草であり、ソイルに植えなくてはならないと書いてあって、アチャーでした。

 他に手に入りやすい浮遊草は、マツモがあります。マツモって、固定されて売られていることが多いのですが、あれは完全な浮遊草で、水面に浮かべるのが正しい栽培法なのだそうです。
 一応、植えてもソイルが柔らかければいけるのですが、ソイルが固いと、そこから腐って切除するハメになります。

 で、うちの水槽内はというと……。
612
 
 さすがに一週間ちょい放っておくと白濁りしますね。そろそろ水替えせねば。
 そして、アナカリスが育ちまくって、水面から斜めにぐにゃっと曲がっています。私、育ちすぎた水草は水面を突き抜けるものだと思っていたのですが、こうなるとは。
 買ってきた当初は、水面に浮かべてちょっと余裕があるくらいの大きさだったのですが、ホ!it's no money!(いつの間に)
 
 あ、あと、水草を導入する際には、水草を束で買った場合、固定具は外しましょう。
 多分、金属製の固定具で根元をぐるぐる巻きにされていると思いますが、外さないと、金属の成分が溶け出して、魚やエビに影響を与えることもあります。
 買ったら、固定具は外してから水草投入。それはお約束です。

 ソイルなしでも水草って育つの!?ということですが、「種類を選べば問題ありません」とお答えしたいと思います。
 浮遊草だったら、ソイルは要りません。養分も、勝手に生体の排泄物などを養分にして育ちます。だから、実質浮かべておくだけ。まあ簡単!
 その代わり、まあ、外観としてはなかなかシュールになるのですが、それもまたよし。
 
 水草を入れると、ミナミたちは水草に寄ってきて、ツマツマし始めます。
 これは、水草に付いたバクテリアを食べているとか、水草自体を食べている、と言われています。というのも、うちのミナミがあんまりツマツマし続けているので様子を見ても、食べられてはげ上がっている所はないのです。一体何をツマツマしてるんだろう……。
 それまではエビ火山のウィローモスをツマツマしてハゲさせていたのに、不思議です。アナカリスが丈夫すぎるのか、ミナミが目に見えない何かを食べているのか。
 
 あ、エビ餌は、最近ちょっと食べるようになってきました。元々どんな環境で育てられていたのかが分からないのですけどね。育ち方によっては、餌を撒いても長時間気づかないといううちのミナミみたいになりますが。
 でも、メダカ用に入れていた柿の葉は、春を待たずにツマツマしまくって葉脈だけにしていました。で、「ミナミって柿の葉食べるんだ!?」と思ったのですけどね。

 まあ、水草は入れておいて損はないです。即「買い」ですね。
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示