これで私もゴスロリちゃんだ!(ババア無理すんな | 魔法石の庭3rd

これで私もゴスロリちゃんだ!(ババア無理すんな

 うちの家は農家なので、結構季節の行事はちゃんとしている感じなのですが、私は……別に、なくてもいいかな?と思っているゆとり世代です。……ゆとり。今の40台前半まではギリギリゆとり!!

 それでもまあ、お正月とか年越しは、なんか、違う世界に行くみたいでわくわくしますね。しかし、12月と1月のお父さんお母さん出費ラッシュはどうにかならなかったものかね。キリストって本当は2~3月が誕生日説とかあるみたいですし。今のクリスマスは、実はケルト系のお祭りで、当時は人間を犠牲に捧げていたっていうね。北欧で、ジンジャークッキーを人型にしてツリーに飾るのは、その名残だとされています。

 でもまあ、クリスマスツリーって、てっぺんの星はベルツヘルムの星といって、キリストが誕生した証の星らしいですね。良い具合にキリスト圏と文化が混ざった結果みたいです。
 そんなこと言ってたら、ソロモンの鍵(有名な魔導書)に出てくる悪魔では、悪魔、というかただ単に慈善作業で召喚した人のために無償で働いてくれる悪魔なんかもいるんですよねえ。まあ、キリスト教が「地母神とか土着神は全部悪魔!」としちゃったからなんですけど。

 そんなわけで、今日はゴシックアクセサリー。正月も来るって言うのに、こんなん付けてて平気か?と思いますけど、日本でアクセサリーとして付ける分には良いよね。
605

 右のペンダントトップは、魔術系最大手の魔術堂さんからむか~し買った、「ブラッディムーンの吸血鬼ゴシックデザイン」。魔術堂さんは検索して見つけてね。
 裏返して見たところ、フィンランド製と書いてありました。思いっきりケルト系ですがな。
 魔術堂さんも、ケルト系のアクセサリーとか魔導書もそろえてあります。
 一緒に写っているのは、蛇のリング。これも、キリスト教からすると「知恵と策略の悪魔」とされており、ルシファーと同一視されることも多いそうです。

 しかし、東洋の文化では、「蛇は脱皮をして生まれ変わる」ということで、おめでたい縁起物とされています。
 実際、うちの母と祖母は蛇が大嫌いなんですけど、蛇に危害を加えるのはダメ!と言っています。
 なんでも、巨大な蛇が家の周りにいたら、それは家を守る主なので、みだりに接触したりいじめたりしてはいけないそうです。
 家を守るは虫類っていうと、ヤモリが有名ですが、ヤモリは害虫を補食するので家守=ヤモリの名がついています。

 ……そういえば、私、amazonでブルーダイヤの蛇リング注文してしまいました……。年明け営業で、さらにセミオーダー(リングの号数とか)なので、届くまでに2週間ほどかかるんですけどね。
 ブルーダイヤが欲しかったの!トリートメントダイヤって書いてあったけど、そんなん知るか!ダイヤはダイヤだ!

 でも、指輪で蛇モチーフ2個付けてると、重いですかね?ゴスロリちゃんだったら似合うのかもしれませんけど、こちとら外出時にはいっつもジーンズとダウンコートなので、コンビニとかスーパーとか行く時は普通にノーブラパジャマを下に着ています。
 もこもこだったらわかんないよね……。さすがに、仕事に行くときはコート脱ぐのでばっちりブラもしていきますけど。そういう問題か?

 でも、ダウンって、意外とデブに優しいです。体の線隠れるし、ダウン着てるだけで「着太りかな?」と思われるマジック。もちろん、太りすぎてたらアカンのですけどね。

 私は、学生時代に神話とか魔術系統を読んでいる時期があったのですが、ほとんど卒業しました。本も、かなりの数を破棄しましたけど。
 今ある本は、神話と、黒魔術の本が一冊ずつ。それも、本棚で「多分読まない部類」に仕分けたので、魔術関連とは遠ざかっています。

 でも、ゴス系アクセサリーはこっそり買っています。私は魔術とは切り離せないのかねえ。

 そういえば、お互いに読み合っているブロガーさん(かなりアクティブな方で、占星術とかもやっている)で、「山羊座の月はモテへん」という……。
 うーん。山羊座って、大器晩成のホロスコープなので、年取ってからモテるんじゃないかな。50になってから、おじさんにモテてもしゃーないわ!って感じかも知れませんが、私は30半ばでおじさん方にロックオンされています。山羊座の月って、おじさん好みの女なのか?っていうか、10~30ほど離れている年齢差で、どうにかなると思っているのが理解しがたい。
 ホロスコープも、読み解いていくと面白いとは思いますが、私は触り程度の知識しかないですけどね。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示