自然界でモテる方法→デブになれ | 魔法石の庭3rd

自然界でモテる方法→デブになれ

 また無料漫画なんですけど、「社畜!修羅コーサク」という漫画が面白いです。
 コミックスは出てるんですけど、電子書籍なら、数十ページ無料で試し読みできます。詳しくはググると出てきますので。

 さて、内容はといいますと、東京から修羅の国・ファック岡の墓多(はかた)に転勤になったコーサク。様々なアクシデントが襲いかかるものの、東京で培った社畜精神で数々のアクシデントを華麗に突破する――という話です。
 例をあげますと、巨大台風のなかを出勤(都会のビル風に慣れている)・先輩からの風呂焚き釜の指導(「なるほど!ためになるなあ!」と言いつつ、大してメモ書きしていないのがポイント)・お局(ゴリラ)の求愛を「残念ながら、今日セックスすると最悪の運勢になると出ています」と、お局の占い好きを察して断るなど……。

 タイトルは島耕作のパロディなんですけど、中身は面白いです!福岡の人は、これで「バカにされた!」と怒るのだろうか……。

 そういえば、そろそろ年の瀬ですね。家の中がバタバタする時期でもあります。
 うちは、毎年30日に餅つき機2台回して餅つきするんですけど、やっぱつきたてのお餅は美味しいですね。農家だから、餅米を安く手に入れる事ができるのですよ。

 勝手にこっちでフォローしている、twitterの女性ゲーム翻訳者さん(私はこの人のことを結構本気で尊敬しています)のツイートで、「正月は飴餅を食べろ……」というツイートが流れてきて、「なにそれ!?」ってなりました。
 東北出身の母も知らなかったので、仙台以降北の地域限定なんでしょうかね?

 飴餅というのは、なんでも「水飴に焼いた餅をドボンと入れて、煮て食べる」だそうで。甘そう……でも、あんこよりかは甘くないか。
 おそるおそる食べてみたい気はするんですけど、水飴あったかな?生理前の「甘いもの食いたい病」で水飴舐めてた記憶がありますが。

 私はバリバリの昭和生まれなんですけど、幼い頃は普通に臼と杵で餅ついていました。餅つき器があまり浸透していなかったのと、子供に合わせて「イベント」にしたかったのかも。
 残念ながら、杵は重くて持てませんでした。後ろから父か祖父が支えて、「よいしょー!」とついておりましたよ。

 さて、今日の水槽。
602

 平和すなあ。
 ところで、「大ミナミは例外なくメス」って情報があったんですけど、本当でしょうかね?
 確かに、生き物の間では、卵を守らなくてはならないメスの方が巨大化しやすいっていうのがあるんですけどね。オスは、メスに対しては「ザー○ンタンク」扱いで、あんまり偉くないそうです。種を貰えばそれでいいやっていう。
 アンコウなんかは、メスが「産む機械」で炎上した大臣がいますが、アンコウに限っては、オスは種を提供すると、すぐにメスの体に同化します。そうすると、オスの自由意志が全て奪われ、ただ、メスの繁殖のためだけの「産ませる機械」になるのですね。
 男性の皆様は、それが楽で良いのか、じょうだんじゃねえ!って思うかも知れませんけど、自然界にはそういう種類の魚もいるのです。

 そういえば、人間でも、古代には「アマゾネス」という女性戦士だけの集落があり、そこに迷い込んだ男性は例外なく「種を貰うためだけ」に逆レイプされるそうですよ。
 マゾ男性にとっては夢のような話ですけど。でも、アマゾネスって、筋肉隆々のマッチョガールだそうですが。
 この風習に関しては、鈴木央さんがおねショタ作品で描いていたりしますね。

 ともかく、自然界ではメス側に選ぶ権利がある、ということは多々あります。
 猫のオス猫同士のケンカも、必ずしも勝った方がモテるわけじゃないんですよ。負けた方がメス猫のタイプだと、傷ついたオスを舐めてあげたりもするそうです。
 ちなみに、猫はデブの方がモテるそうです。「栄養を蓄えられるほど餌を取るのが上手い」ってことですからね。

 でも、うちの猫の擬人化の夢を見たんですけど、黒髪の細身の少年だったんですよねえ。
 父になでなでされて、うっとりと目を閉じていました。擬人化するとデブじゃないの?謎です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示