エビミソは内臓です | 魔法石の庭3rd

エビミソは内臓です

 いつもより多めにエビ餌を撒いてしまったら、いつもより多めにミナミたちが降りてきていました。
604

 この画面内に8匹はいます。暇でどうしようもないときに探してみよう!
 
 あと、ミナミって「隣の芝生は青い」するんですね。
 大ミナミが餌を抱えてツマツマしていたところを、小ミナミが急襲。大ミナミの餌を奪い取って、しばらくツマツマ→小「普通の餌と変わらんやんけ(ポイー」→私・大ミナミ「ええ……」 となっているという。

 なんか、メダカもそうですけど、ちっちゃい生き物でも、ちっちゃいなりに色々と考えて生きているんですねえ。

 私がミナミを飼ってみているところ、大ミナミって、割とおおらかな性格をしていると思います。小ミナミは大ミナミに比べてわがまま。まあ、子供ってことなんでしょうか。人間と一緒ですね。

 そういえば、ミナミスレで、「稚エビは1cm超えたら水槽に入れて良い?メダカがいるから隔離してるんだが」との質問に「もうちょっと待った方が良い。メダカの口に入る大きさだと食われるし、一口で食われなくても投入した時にメダカが『なんだこいつ』って複数でつっつきにくると、稚エビの体がバラバラにされる。ソースは俺」とのレスがありました。恐ろしいなあ……。

 でも、私の飼っているミナミって、1cmくらいのやつもいますけどね。隔離しないでもこっちのミナミは平気でした。ただ、エビミソだけ食われていたバタリアン事変の時は、確かに1cm程度の個体でしたけど。
 ってことは、やっぱりメダカにつっつかれたのか?でもまあ、エビミソって、正確には内臓であり、脳みそだけではないんですけど。ちょうど頭の殻の中に、内臓が入っているのがエビとかカニなんですけどね。
 
 だから、カニミソも、内臓を食べてるわけで……内臓ってことは、カニの食べた餌や排泄物も入ってるわけで。
 カニミソ美味しいですけど、そう考えるとあんまりありがたくなくなってきますね。
 ちなみに、私は、大人になるまでサンマのはらわたが食べられる子供だったんですけど、ある時、わたを分解していたら、昆虫の羽みたいなのが出てきて、それからわたが食べられなくなりました。味は好きなんですけどね……割と。

 あと、ミナミたち、脱ぎっぷりよすぎで我、困惑ぞ。
 とにかくバンバン皮を脱ぎます。一日に最大2個見つけたこともあり、今のところ2日に1回はどれかのミナミが皮を脱いでいるのです。
 エビ餌導入して、栄養状態が良くなったのかなあ……。一匹、2cm以上になっているミナミもいて、見つけるとちょっとビビるのですが、ミナミ飼いの中には、4cmにもなった巨大ミナミ(ヤマトの疑いあり)を飼っている人もいるそうです。オスじゃなかったら、抱卵して稚エビが孵ったらミナミ確定なんですけどね。ヤマトは、3~4年と寿命が長く、体も成体は3~4cmと巨大になるのですが、海水がないと稚エビが孵らないのです。

 ブロガーさんを回っていると、「ミナミはコケ予防。生えてしまったコケはあまり食べない。ヤマトは、逆に生えたコケを食べる」のだそうです。
 まあ、確かに、水槽を一週間、糞掃除もせずに放置していたら、茶ゴケが発生していました。茶ゴケも、微妙な感じで、「生えるとバクテリアが順調に増えている証拠」というサイトもあれば、「亜硝酸過多。水替えするべし」というサイトもあります。
 亜硝酸とかそういうのを計る水質計もあるそうですが、うーん……あんまり食指が動きませんねえ。

 昨夜は、いつもメダカの育て方でブツブツ小言を言われる祖母(こっちは無視してるけど)に、何故か「かみなは魚育てるのが上手だべなあ」と言われました。
 ……まあ、いつもの気まぐれだとは長い付き合いで分かっているので、「まあね」とだけ言っておきましたけど。水槽初心者でも簡単に育てられるメダカに、育てるのが上手も何もないと思うのですが。よっぽど無茶な育て方しなけりゃね。
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示