エビの餌と伊藤若冲特集 | 魔法石の庭3rd

エビの餌と伊藤若冲特集

 超久しぶりに「とんがらし麺」食べたら、「辛い」じゃなくて「痛い」でした。まあ、実際に、辛さっていうのは痛みだって言いますしね。だから、辛いものを食べた後は甘いもの、というのはあんまり意味ないです。水で洗い流す、それも氷入りの冷えた飲み物だと、マシになります。痛みは冷やすと感覚が麻痺しますし。
 でも、とんがらし麺は「美味しい痛さ」なんですよね。だから、大好き。辛ラーメン系は、辛いばかりなのであんまり好きじゃないです。
 しかし、辛いラーメン系は、北極という究極の辛さを誇るやつが、辛いもの好きの間では人気のようです。でも、とんがらし麺(辛いスパイス入れてない)でヒーヒー言ってる私は、北極に手を出す勇気がありません。多分、「これは日本人の食う物じゃない」という感想になると思います。

 さて。昨夜、ご飯を食べ終わった後、「なんか、掃除したのに水槽が濁ってるな?そんなにメダカが糞してるのかな?」と思ってのぞき込んだところ……。
 
 エビの餌がひっくり返って、水槽にインしたお!しておる!!
 もう、「うわああああああ!!」のAAみたいになって、急いで全部水槽ひっくり返して洗いました。もうね、本当にエビの餌、1/3くらいインしていました。嫌ああああ!!いつから!?いつからインしてたの!?いつからインして何時間放置してたの!?
 
 で、私が慌てて水槽持ってバタバタしていたら、祖母が「メダカが死んじゃったんかい?」と聞いてきたので、「エビの餌がひっくり返って入っちゃった!」と訴えたら、「あれ、気づかなかったべで」と言っていました。じゃあ、ひっくり返したのは祖母じゃないの……?弟か!こざかしいことに、エビの餌のパッケージは元通り置いてありましたし。

 もちろん、水全取り替え。掃除してもしても、エビ餌が出てくるので、「どっからこれが湧いてくるのか……」と思いつつも掃除。で、ここまで餌がなくなりました。
597

 これなら、かろうじてうちのミナミが食べてくれるかな……?一応、夜も更けてから様子を見に行ったら、3匹くらい抱えてツマツマしていましたけど。なんでうちのミナミちゃんは人工餌食わんの?グルメなの?
 
 ちなみに、ミナミやヤマトのツマツマは、指入れて確かめてみた人曰く、「結構痛い」だそうです。だから、あんまり変なことには使わないように。
 あと、ミナミを天ぷらにして食べた人もいますが、「泥臭くて美味しくはない」だそうです。メダカも、甘露煮かなんかで食べる地域もあるそうですね……。

 そういえば、ニコ動で「オオスズメバチの女王様と仲良くなってみた」みたいなタイトルの動画で、女王蜂の顎の力を調べる、といって指を噛ませていた人もいました。コメントでは、「これがマッドサイエンティストか……」とか「キ○ガイ」とかいったコメが多かったですね。他にも、女王蜂とワーカー(働き蜂)の毒腺を抜いて、「味わって確かめてみましょう」とか言って、助手の女性が「ええ……」とどん引きしていました。
 結果は、「女王蜂はなんか違和感あるけどあんまり毒はないっぽい。ワーカーマジやばい。噛んだ瞬間から舌がビリビリ痺れる」だそうです。やっぱ、働き蜂の方が攻撃性も高くて、毒も強力なんですね。って、感心しちゃっていいのかどうか、人として……。

 でも、ファーブルなんかも、「虫は食べられるのか?」と、蝉やコオロギを食べていたそうですし、結局、そういう科学者って「理屈としては合ってる。人として間違ってるだけ」という人も多いのかも知れませんねえ。
 ちなみに、昨日、伊藤若冲の特番を観ていて、母が「若冲は大店の次男か何かだったから、日がな一日動物を観察していられる、今で言うとプー太郎みたいなものだったのよ」と解説してくれました。確か、ピーターラビットの作者のビアトリクス・ポターも、貴族階級のお嬢様で、昔から庭に出ては動植物をスケッチするのが日課だったといいますね。

 若冲の絵は、「病葉」の絵であり、その名の通り病気にかかった葉っぱすら模写するという、徹底したリアリストだったらしいです。だから、若冲は「綺麗で見事なだけの絵」ではなく、周りの動植物全てが主人公。果物にたかるアリですら主人公にしてしまう」と言われているそうです。
 若冲展も見てみたいんですけど、京都だからなあ……。元から動物好きで(犬は苦手。バンバンパーソナルスペース侵入してくる動物は苦手)、ピーターラビットを読んで育ったので、模写的な絵は好きなんですよねえ。
 
 そういえば私、幼稚園での写生大会で、錆びだらけで川の色が茶色になっているのをそのまま描いたら、先生から「川は水色にするように」と突き返されたことがあります。周りの子は、皆水色で描いてて、私は子供心ながらに「なんでこの風景を見て、川が水色に見えるんだ!?」と不思議に思いました。
 ちなみに、ミッフィーは私は「あんなお口の兎さんはいない」と不評だったようです。早期教育というか……情操教育はやっておいて損はない気はしますね。
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

こんばんは
伊藤若冲はすごい画家ですよね(^^)
自分も大好きな日本画家です。
Re: こんばんは
若冲、動物好きなら多分惹かれるんじゃないかな・・・という画家ですよね。
うちの猫を拾った頃、「名前は若冲にしよう」と提案したら、「固すぎる」と却下された思い出があります。今思うと、猫に好きな画家の名前って・・・冒涜してんのか?って思いますw

管理者のみに表示