メダカ泥棒が多発していますが | 魔法石の庭3rd

メダカ泥棒が多発していますが

 なんか、アナカリスの水中根が曲がってる……?
584

 手前の根っこはまっすぐなんですけど。というか、どんどん水中根が伸びてきて、これ、マングローブみたいになるんじゃないの?と思って調べたのですが、アナカリスの水中根は適当に切ってしまっても良いそうです。
 アナカリスは非常に強健な種類なので、冬以外はどんどんトリミングしてしまってもどんどん生えてくるそうで。大体、脇芽の辺りから切ると、脇芽が成長するので、そこから増やすこともできるそうですよ。
 
 ただ、冬の間は、生育が止まるので、あまりトリミングをする必要はないそうです。まあ、水中根は伸びるので、それを切るか、もしくは「なんか南国って感じで素敵~」と思うのならそのまま放置していても構わないようですが。

 しかし、メダカを飼っている場合、水槽に仕切りのようなものができてしまうと、グループが分かれ、敵対することもあるそうです。
 というか、群れを作る小魚全般的に言えることらしいですけどね。あれですか?昭和の不良(バンカラ)みたいな?抗争に抗争を繰り返すみたいな?

 ちなみに、メダカは基本的には単一で行動していますが、必要に迫られる(敵が侵入したなど)と、群れを作ることもあります。どうも、赤(好戦的)、白(ビビリ)、黒(我関せず)、幹之(群れを作りたがる)、という体色で基本的な性格ができるそうですが。

 私は、鉄仮面や小川ブラックなどの高級メダカもいいな~……と思っているのですが、なにせ高級すぎて手が出せません!一匹1000円ってどういうことなの……。メダカの値段じゃないですよね。
 もう、好きな体色を作るなら、ブリーディングしかないような……でも、ブリーディングする場所がないような……。かーなーり、微妙な感じです。

 たまに、一匹400円とかいう激安のところを見かけたりするのですが、そこは体色が幹之と同じだったり……これ、ただの黒幹之じゃないの?と思ったりします。
 あと、オークションなんかで購入する場合は、特に写真詐欺に注意!だそうです。

 以前、私が観た動画では、ブルーの濃い幹之(100匹30万円で落札)を落札した人が、幹之にもブルーにも見えないただの黒メダカを送られてきたという。
「写真では体色が濃く見えるのを考慮しての落札だったのですが、これはあまりにも酷すぎます!」とのこと。

 また、メダカ泥棒も多発しており、特に外にメダカを並べていて、楽に侵入できる場所で育てている人は、ご注意を!だそうです。
 私は、メダカ水槽は室内管理していますが、一度、家に現金目的の泥棒が入ったこともあります。
 捕まった後で、被害が分かったのですが(父の脱ぎっぱなしにしていた作業服に5万円入っていたのを盗まれた)、「田舎は鍵をかけないところが多いから狙った」のだそうで、ご近所全般でやられていた模様。
 
 ちなみに、その泥棒騒ぎの時、何故泥棒がリビングと居間だけを狙ったのかというと、私がちょうど紅茶淹れるのに真夜中に下に降りた足音を聞いて、慌てて逃げたのだそうで。ひゃー!もしかしたら、下手すると私、口封じに殺されてたかもしれません。こわっ!

 私の所は、そういったことで、「夜は雨戸を閉めること」という取り決めを作ったのですが、メダカ泥棒は普通に庭から侵入しますからね。今は、ダミーの監視カメラとか、人が来るとライトが自動的に付く装置とかもあるので、それらを導入することを考えても良いかもしれません。特に、大々的にやっている人はね。
 可愛がっていたメダカを盗まれるなんて、そりゃあがっかりもしますし、悔しくもあります。皆様、暮れの防犯対策はしっかりと。また、メダカを盗んでやろうなんて思っている人は、このブログの読者でいてほしくないのですが、馬鹿な真似をするのはやめましょう。下手すると前科付きますよ!

 メダカ趣味も、趣味でやっている人と、商売でやっている人がいます。
 特に、オークションなどでは、実物を確認できないで購入するしかないので、フォトショップなどで後から色づけすることもできます。また、メダカが今流行っているのを聞いて、盗んだメダカを販売している業者だか個人だかもいます。
 対策としては、オークションは滅多なことでは使わない。購入するのは多少高くても大手から購入する、ということで安全なメダカ趣味ができます。
 オークションも、上手に使えば、激安で購入できたりするのですが。まあ、素人が手を出すには危険、ということもあります。落札するなら、決して熱くならず、自分で上限価格を決めておいて、上限まで行ったらさっと手を引きましょう。ギャンブルと同じですよ。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示