繁殖は最低限にしたい | 魔法石の庭3rd

繁殖は最低限にしたい

 はへ~。赤いきつね美味いすなあ。
 って、また夜中に炭水化物とか、死ぬ気か!って話ですけど。うむ。寿命を縮めてでも、この快楽は止められんな。炭水化物最高だぜ。……でも、本当はお野菜も食べたい。特にタケノコとかキノコ類をバター醤油とか、マジたまらん。

 あと、お知らせしておくのが、ブログ村のジャンル変更。……我慢できなくて、ミナミちゃんのジャンルに入っちゃったvえへ。
 いや、一応ブログ村は3つまでジャンルに入れるんですけど、あんまり小分けしてもね。入るジャンルは2つまでって自分で決めてあります。ぶっちゃけ、小分けしすぎると、ランキングのポイントが入らないのですよ。大人の事情ってやつですか。
 ランキングなんて気にしてたの?って話ですが、気にします!じゃなかったら、なんでランキングに入ってるのかって話ですよ。
 もっと色んな人にブログを読んで貰いたいですし、気に入ったら拍手とかコメントとかブログ村のポイントぽちとか、してもらったらすごく嬉しいです。
 
 ブロガーって、書いてる最中は孤独なんですよ。まあ、もっとアクティブな人なら、色んな所に情報をもらいに行ったりすると思いますが、私のように真性引きこもりメンヘラ(なんでや!メンヘラ関係ないやろ!)だと、そんなに行動的になれないんですよ。
 だから、文章を打っている時はずーっとPCとにらめっこですし、写真を撮るのも夜中とかとんでもない時間帯だったりしますし。
 ブロガーは孤独な書き手だと勝手に思っています。

 まあいいや。
 で、うちの水槽なんですが、一昨日母に「ごちゃごちゃしてる」と言われ、少なくとも今も引きずってるくらいに落ち込んだのですが、そんなにごちゃごちゃしてますかね?
577

 ……本当はもっと大きい水槽だったら良いのかもしれませんけど、置き場所がね。
 まあ、メダカやミナミは「バケツ水槽」といって、大きいバケツに水を汲んで、そこで育てることすらできるらしいですけど。ビオトープも、発泡スチロール箱でも、ペットボトルを半分に切った入れ物だって育てられてしまう。それがメダカだそうです。

 以前、アカヒレの流通名にコッピーというのがあり、その名の通りコップで飼える魚だから、という話もありましたけど、実際にメダカも大型のコップで飼っている人もいるそうですよ。メダカスレによると、「1リットルに1匹とかが理想なんだろうけど、メダカは多少過密でも育つ。1リットルに4匹くらいでも余裕」だそうで。強い魚すなあ。

 過密水槽には様々な弊害がありますけど、良いところもあります。たとえば、私のように、あまり増えて欲しくないという家族計画をしている場合は、過密だと卵を見つけやすくなるため、メダカが勝手に卵を食べて間引いてくれます。ミナミも同じですね。爆殖することで有名なミナミですが、稚エビをメダカは食べます。なので、明るい家族計画ができあがるわけです。

 まあ、メダカって、繁殖させて面白い柄のメダカを作るのも趣味のうちだとは思いますが、私は今のところはあんまりブリードには興味ないです。
 ただ、知識としては知っておこうと思っているので、ブログを読んだり、ネットを見たりして繁殖の方法とかも知ってはいます。それだけ。

 でも、面白い繁殖させると、メダカなのに錦鯉みたいな柄になったりするので、それはちょっと羨ましいですね。強光メダカとかも作れるって言いますし。水槽の置き場所があれば、繁殖とかにも手を出すのもいいかなーと思ってるんですけど。

 youtubeとかでも、動画でメダカやミナミのアクアリウムの動画を観たりしているんですけど、ミナミ100匹が1000匹の動画とか、おっそろしかったです。1000匹とか、もはやブリーダーになっても良いと思います。
 ミナミを飼うと、恐ろしい勢いで増えるので、皆一度は「ブリーダーになろうかな……」という夢を抱くそうです。怖いなあ、怖いなあ。

 メダカも、水温が20度超える日が続くと、毎日のようにどこかの個体が卵を付けていたりするそうです。ミナミと違うのは、親メダカは卵を産むだけで世話をしないので、普通に他のメダカがむしゃーっと食べに来たり、酷いと親自身がむしゃむしゃ食べたりするそうで。
 メダカの世界も世知辛いですね。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示