眠りメダカを起こすのはキス(ただし、同種に突っつかれる) | 魔法石の庭3rd

眠りメダカを起こすのはキス(ただし、同種に突っつかれる)

 世間はメダカブームらしいですねえ……。まあ、こういう趣味の世界でのブームなんてのは、普通に1年とか2年とか続くんですけど。
 まあ、趣味人が増えることは喜ばしいことですが、逆に、レア種のメダカが値段を上げられて手に入りにくくなったりもしますので、賛否両論ですね。
 固有種のヒメダカなんかは、うちの小さなホームセンターでも売っています。一匹20円くらいかな?しかし、生体はホームセンターで買うと、傷んでいたり、間違った飼育方法や環境の悪化などで病気を持っていたりするらしいので、熱帯魚ショップか、お近くにないのなら、ネット通販で買うのが良いですね。私はいつも、ネットで買っていますよ。水槽は、500円くらいの虫かご(中)を使っていますが。
 
 噂では、近頃100円ショップでもメダカやアクア用品を扱うようになったとのことで、今度大きめの100均に行った際に、覗いてこようかと思っています。
 ただし、100均のメダカの餌は、油分を添加しているらしく、油膜が張りやすいという話もあるのですが。
 あと、シュポシュポ(正式名称わからん。手動で水槽のゴミを吸い上げるやつ)も、100均のは使いにくいとのことです。

 今の時間帯、メダカたちは夢の中です。20時頃から、うとうとして水草の上でまどろんでいるメダカもいたり。動かないので、一瞬びびりますが、手をかざしたりすると、ゆら~っと動き出します。
571

 このように、多くは水底に沈んで睡眠を取っています。
 特に冬場は警戒心が強くなるので、何匹かは明かりを付けると起きてしまうのですが。
 ちなみに、昨夜の謎の黄色い光は、やはり柿の葉の光だったようです。上から覗いてみて、分かりました。
 
 世間は師走で、色々と忙しくなる季節ですが、メダカたちのゆったりした動きは癒やされますね~。
 時々、オスに追いかけられるのか、それとも縄張り意識なのか、俊敏に逃げているメダカもいますけど。あと、未だに餌をあげるためにフタをガタガタさせると、びびって逃げます。あんたら、一応1ヶ月以上、そうやって餌貰ってるでしょうに……。
 でも、一応は逃げるものの、最初にアカヒレがふわーっとこっちに向かって浮かんできて、次に幹之と白メダカが浮かんできます。沈みっぱなしの個体もいますけど、これも個性ですねえ。餌を撒くと、匂いで分かるのか、沈んでいたメダカも浮かんできます。

 本来なら、この時期のメダカはあまり餌を食べなくなるそうですが、うちのメダカは、秋口に暖かい時期にも食欲旺盛だったのが、寒くなってからは餌は半分の量で足りてしまっているようです。
 メダカの体内時計で、冬支度を始めているのです。
 本来、メダカは冬眠をする生物なので、冬眠している間は餌を食べません。しかし、暖かい室内などで飼育していると、冬眠せずに動きは鈍いながらも活動し続ける事の方が多いとか。
 
 冬眠するメリットは、メダカの体内時計を合わせるため、長生きするとか、餌が要らないので水が濁りにくいなどがあります。
 しかし、冬眠させないメリットでは、20度以上にヒーターを設定していると冬でも卵を付けるとか、元気に泳ぐ姿をいつでも鑑賞できるということがあります。

 どちらにせよ、メリットデメリットがありますので、お好きな方で飼ってあげたら良いのではないでしょうか。
 ちなみに、私はヒーター非導入で、室内温度は10度くらいにしています。朝晩などは5度くらいまで下がることもありますが、家人が暖房を付けるのは夜だけ(後は、コタツでしのいでいるので、メダカには影響しない)なので、平均値としてですが。

 気温が下がると、確かにメダカは眠ってしまうようです。そういう風にできているのですね。
 しかし、関東に積雪した日には、元気に水槽内で泳いでいたので、どうも気温が関係しているようないないような……という感じです。いまいち「これが原因だ!」とは言い切れません。

 そういえば、地元で、メダカと金魚の即売会が開かれていたと聞きました。
 結構大きい所で、メダカ界隈では有名な場所らしいんですけど、私としては子供の頃から無料展示場を見に行ったりしていたので、そんなに大規模な施設だとは知りませんでした。
 即売会といっても、100匹単位の、主にブリーダーさんなんかが買っていくような即売会……というか、ほとんど競りのようなものらしいのですけど。そういう場所が、近所にあったというのは驚きでしたね。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示