水槽のお掃除屋さん、エビか貝か | 魔法石の庭3rd

水槽のお掃除屋さん、エビか貝か

 25日は日中通院と久々に仕事に行くので、今の時間更新しちゃいます。
 てか、今月1回しか仕事してない……それでも許されるのが今の施設の職場です。ただし、お給料は働いた分だけしか貰えませんがね。

 横からの虫かご水槽の様子。
565

 横から浮かんでるアナカリスを撮りたかったのですが、いまいち綺麗に写らない……。
 それと、アナカリスと追加分のミナミの環境に合わせたかったので、全水替え済みです。でも、うちのメダカは落ちないなあ……。
 アカヒレは以前はバタバタ落ちたのですが、今いる3匹は何をやっても落ちません。自然淘汰されて、強いものだけが生き残ったというか。

 メダカたちは、写真のように水槽の中層にいる感じですね。上層・アナカリス、中層・メダカ、下層・柿の葉とミナミヌマエビ、という感じで、棲み分けてはいるようです。
 棲んでいるエリアが違うんですね。なんか、同じ日本人でも、県が違うと人も違う、みたいな……。

 ついさっき、水槽をのぞき込んだら、アナカリスに出張しているミナミ(大)がツマツマしてて、ちょっとびびりました。大きいエビって……なんか、虫っぽいですよね。いや、普通の女子よりかは虫は平気な方だと自負していますけど、いきなりバン!と来るとびびりますよね。
 だから、ヤマトは「大きすぎてキモい」と言われてるのかな、と思ったり。ヤマトは4cm~5cmにもなると言いますしね。でも、ザリガニ平気な人はヤマトでも大丈夫なんじゃないでしょうか。

 キモ系というと、私はチャームさんのところの紅白の縞々のエビがたかっている画像で「うわ」と思ってしまいました。た、確かに虫っぽい。レッドビーシュリンプだっけな?正式名称忘れちゃったんですけど。
 普通の赤いエビは平気なのに、何故紅白になるとキモく見えるのかは分かりません。多分、本能で派手な模様の虫=毒 という刷り込みがなされているのかもしれませんね。
 ちなみに、スズメバチなどの黄色と黒の縞模様は警告色といって、「危ない虫だぞ」って言っているも同然だそうです。ニホンミツバチは蜂球といって、集団でスズメバチに飛びかかり、蒸し殺す技を持っていますが、昨今養蜂で使われているセイヨウミツバチはスズメバチに対する手段がないそうです。

 ヤマトとミナミ、どっちのヌマエビが良いのかと言うと、こればかりは「好みによる」としか言えません。
 以前も書きましたが、苔取り能力はほぼ同じです。ただ、ミナミは寿命2~3年ほどですが、春~夏頃に大量に子供を産みます。成魚の体長は2cmほど。
 ヤマトは、寿命3~5年とミナミより長いのですが、卵を孵すには海水が必要になります。そして、体長は4~5cmと大型です。
 どちらも、エビですが、生きているメダカには反応しません。ただ、落ちたメダカの場合、死骸を食べます。その他は大人しい性質です。

 さて、じゃあ小型のエビなら混泳可能なのかと言われると、よくミナミやヤマトと間違われるテナガエビなんかは弱ったメダカを襲うこともありますし、ザリガニを入れたりすると、もうバイキング料理みたいなもので、食べ放題になってしまいます。
 野生のメダカやエビを捕ってくることを「ガサる」と言いますが、ガサってきたメダカやエビをどうやって見分けるかという目も必要になります。たとえば、稚魚のうちはメダカにそっくりな魚でも、大人になるとメダカを食べてしまう魚もいますし、エビは言わずともわかると思います。
 ショップで買っちゃうのが一番安全ですけどね……。まあ、これもお金の話になるので、難しいところです。webショップは生体を注文すると、どうしても送料が多くかかってしまいますし。ほぼ梱包料なので、仕方ないところはあるんですけど。
 
 でもまあ、エビはツマツマしてると可愛いですよ。あと、メダカの糞の中の微生物を食べたりするので、糞を大事に抱えていたりすると、ちょっときゅんとなります。
 私は貝類は入れたことないのですが、虫とか嫌いな人は貝類をお勧めしますね。ただ、これもガサってきたり、水草などについてきたりした貝だと、苔取りはするものの大量の糞をしてかえって水を汚すことがあります。スネールという貝が代表です。
 水を汚しにくい貝は、タニシやマキガイがあります。

 エビにも貝にも言えることは、「死骸を放置するとと水が汚れる」ということです。
 私はエビでやったのですが、エビが死んでいる水槽はくっさいです。なので、早め早めに見つけて、落ちた個体は網などですくってしまうことですね。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示