メダカの性転換 | 魔法石の庭3rd

メダカの性転換

 幹之の横面アップ画像撮れたよ~!
555

 ここまで近づいても逃げられなかったので、多分寝てます。撮影したの夜中ですし。
 ね?背中側にラメがあるでしょ?これが幹之の特徴なんです。あと、アップにして分かるのは、ヒレの先に青い光があるってことですね。

 幹之は、上から見ると背中に沿って美しい一本線が見られます。なので、どうしても上から見た方が綺麗に見えるのですが、横から見ても綺麗ですよ~。……慣れないうちは、ただの白メダカに見えますけど。

 一日一度の餌やりをするようになってから、皆、お腹がぷっくりしてきました。
 アカヒレだけの時は、ばあちゃんが「魚は餌をやりすぎると死ぬ」と言っていたので、2~3日に一度の餌やりだけだったのですが。でも、この「お腹ぷっくり」がメダカの健康のバロメーターなんですよね。

 最近、メダカスレでは、「やせ細り病」が流行っているとか。
 その名の通り、餌を与えていても痩せていって、最後には落ちてしまう病気なのですが、これといった手段が見つかっていないそうです。
 原因も分からないので、やせ細り病になった個体を隔離して塩水浴……これでも、気休め程度にしかならないのですが、とりあえずは「やらないよりはマシ」だそうです。

 でも、それって人間で言う「最終ケア」なんですよね。そこで、そのままにして自然に落ちるのを待つか、塩水浴で少しでも生き長らえさせるか、という選択です。
 やせ細り病に対しては、末期癌みたいなものなんですよねえ……。

 ただ、やせ細り病から回復したという話もあり、その場合、水質の改善で治ったという話も。
 その場合、毎日少しずつ水を取り替えていって、水槽の底に溜まった汚れを取っていたら治った、とか。

 ということは、水質のバランスが崩れていると、やせ細り病になりやすいのかな?と推測。メダカオーナーは、1年とか2年とか水替えしない人も多いのですが、糞掃除はしないとダメなのかもしれません。

 ところで、メダカの雌雄の分け方って分かりますか?
 写真の幹之は、多分雄です。
 何故かと言うと、上ヒレを見て、ヒレに切れ目があるのが雄だそうで。そして、腹ヒレが大きいのも雄の特徴だそうです。

 ちなみに、メダカは雄がいなくなると、性転換して雌が雄になることもあるという話が……。
 ふ、ふたなり!?(画像検索はしないように)
 または新宿2丁目!?
 いや、そういうジェンダーの人にケンカ売ってるわけじゃないので、ご理解いただきたいですけど。私は、オカマさんとかゲイでもビアンでもちゃんとしてる人は尊敬できると思っていますしね。でも、西原理恵子が「僕には特定の恋人ができなくて悩んでいます(ゲイ雑誌の相談コーナー)」という相談に、「体の関係だけじゃなくて、ちゃんと恋愛しなけりゃいつまでたっても恋人なんてできないよ。君たちゲイはすぐヤっちゃうじゃん」と答えています。

 まあ、メダカは、雄がいなくなれば、どれかの個体が雄になり、雌がいなくなればまた、雌になるということですね。
 なんだか、自然ってよくできてますねえ……。
 というか、それでいいのか、雄とか雌の矜持ってもんが……とは思うのですが、それもまた人間が勝手に考えている物差しですしね。自然界では、そういう性転換する生き物は、よくあることだって言いますし。人間だって一部の人が、性転換ネタ大好きだったりするじゃないですか。あんな感じですね。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示