メダカの癒やしパワーは異常 | 魔法石の庭3rd

メダカの癒やしパワーは異常

 ワイ将、みゆきちゃんを盗撮することに成功。
542

 しかも入浴シーンやで!微妙に背中が光ってるのが幹之ちゃんです。真ん中のやつがわかりやすいかな?

 それで、微妙に水槽の水が濁ってきたのですが、今回は水全替えすることはなく、放置。このまま、バクテリアが育つのを待ちます。
 なんでも、メダカはたとえ緑色に水が濁ったとしても、そうそう死なないそうです。逆に、頻繁に水全替えとかしてると、弱い個体は落ちやすいそうで。

 バクテリアを湧かすためには、水草などの良い菌が住みやすくなる場所・そして水温を5度以上に保つことらしいですね。バクテリアと水作りの関係っていうのは……要するに、人間の体内で言うところの乳酸菌と悪玉菌の関係みたいなものです。
 悪玉菌(アンモニアや亜硝酸など)を倒して、腸内環境(水作り)を保つのが乳酸菌(バクテリア)です。
 
 それから、バクテリアを自然に湧かせる方法として、なんと柿の葉を使う方法が挙げられていました。
 柿の葉にはタンニンなどの微生物に良い成分が含まれており、柿の葉の水作りとしては、柿の葉を何枚か拾って、水に浸けます。しばらく浸けておくと、葉が勝手に沈んでくるので、それを確認したら水から上げて水槽に投入。1~2日浸けておくと、水作り完了!という手順ですね。

 あと、これはちょっと確認取るのが怖い情報なのですが、最近の水道水はカルキ抜きなしでどぼんしておっけーね☆なんて話もあります。
 逆に、カルキは消毒剤なので、むしろ病気にかかっているメダカには、余計な細菌を殺してくれるとか。ちょっと怖くて試せないのですけどね……。

 ところで、メダカ界隈って直接「死んだ」とか「亡くなった」とかの死に関する用語を使いませんよね。
 何故か皆さん、「☆になった」とか「落ちた」とかは使うのですが、直接的に「死んだ」とは言いません。犬猫界隈では、「息を引き取りました」とかは言いますけど、それよりもっと八つ橋にくるんだ言い方のような。

 同じペットとしての生き物で、しかも長生きして3年ほどのメダカに、直接的な言葉を使わないのは、なかなか面白い現象だと思います。
 実際、メダカスレを見ていると、2スレに1回くらいに、「大型魚の餌として育てていたけど、情が移ってしまい、メダカ単体で飼い始めました」という人が出てくるんですよね。
 それだけ、メダカって魅力的でなんだか愛くるしくなるような魚なのかもしれません。
 
 だから、皆さん、一様に直接的に「死んだ」とは言いたくないのかな?と。
 愛情ゆえの言葉で、☆になったとか落ちた、などの言葉に言いかえるようになったのかもしれませんねえ。

 水槽をぼーっと見ていると、メダカって小さいけど、ちゃんと生きてるんだなあ、偉いなあとまで思ってしまいます。
 小指の爪くらいしかない脳みそで、考えて生きているのですからね。これも、うちの母がよくうちの猫に「ちっちゃい脳みそして何か真剣に考えてるんだよ。生きてるってそういうことだよ」と言うからなのですが。
「人間は思考する葦である」とは誰が言ったんだったかな……。しかし、人間が知能が優れているから偉い、というわけではなく、懸命に今ある命を生きる、っていうことが偉いことだと考えてきました。鬱状態の人間にここまで考えさせるなんてやるな、メダカ。

 でも、入浴シーンは盗撮する。次はスカトロシーン(うんちぶら下げている姿)か!?んもう、マニアックだな、君らも好きねえ。
 なんか、メダカってぼーっと見てたら5分くらい普通に経ちますね。私、病気になってからあんまり何かに没頭したりするってことができなくなって、一時期は本も読めなくなっていたのですが、メダカはぼーっと見ちゃう。こ、これが癒やしのパワーか……!メダカ、恐るべし。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示