メダカの飼育環境は、何も水槽だけじゃない | 魔法石の庭3rd

メダカの飼育環境は、何も水槽だけじゃない

※メダカですが、糞の話題が出てくるのでお食事中の方は注意。


 明日は日中仕事と通院日なので、更新ができるかどうか分かりません。
 なので、夜更新しておこうかと思います。この、メダカにかける情熱が冷めないうちに、少しでも記事数を稼いでおきたい。むふー。

 今日は、前日に水を全取っ替えしていたので、メダカたちの糞を食べる微生物が繁殖していません。
 なので、「私はこうして糞の掃除をしています」というのを少し。

 まず、私は濾過フィルターとかは使っていません。底砂利もありません。なので、今回のようにいきなり6匹メダカが増えたりすると、メダカの糞で汚れるんですね。一応、糞を解体するバクテリア水も入れているのですが、どうしても追いつかない。
 そんなときは、原始的な方法で解決しています。

537

 こうして、水槽の底に溜まった糞や水草をメダカがちぎって遊んだ形跡のあるものを網で取り除きます。
「スポイトなどの器具がない場合は、ストローでも取り除けます」との話も聞きましたが、実際にやってみたら、私の手先が器用でないのか、全然糞が取れなかったので、網で漉し取ることにしていますよ。

 また、この網は、メダカが食べ残した餌を取ったり、水替えの時はメダカを避難場所の風呂桶から水槽に戻す時にも重宝しています。
 ちなみに、この網は、お魚飼育コーナーに置いてあった、小さい網です。300円くらいだったかな?

 虫かごと、カルキ抜き・網・餌(メダカ用の小さい顆粒の粒。しかし、噂ではダイソー産の体に悪そうな餌の方が食いつきが良いとも……)・バクテリア液(なくてもいいけど、あれば便利)。これぐらいの投資で、アクアリウムができてしまうんですよ。
 もっと本格的にやっている人は、発泡スチロールで冬越し対策したり、衣装ケースを改造して水槽にしたりしています。

 はっきり言って、水槽はなくても、ほかの物でいくらでも代用可能です。
 そりゃあまあ、水槽を置くスペースとお金があるのなら(30cm水槽で800円くらいだったかな?)、水槽で飼った方が安心なんですけど。

 例えれば、パワーストーン店と宝飾店みたいな違いですかね?
 どっちが良いって話ではなく、「どっちが自分のお財布事情や環境に合っているか」って話になりますし。
 どちらかが優れていれば、どちらかが欠点がある。それが分かっているのなら、決して「買った水槽じゃなきゃダメ!」とか「ビオトープ以外はクズ」とかいう話は出てこないと思います。

 ちなみに、ビオトープや外飼いの場合、あまりにもメダカが減っていたら、ヤゴの被害を疑った方が良いですよ。
 ヤゴはトンボの幼虫で、メダカなどの小魚を主食とします。もちろん、水質の関係で落ちることはありますが、死骸も見つからない場合はヤゴの仕業です。
 ヤゴは、水辺にトンボが卵を産み付けに来るので、放っておくとメダカたちが食べられてしまいます。
 幼虫といっても、甲殻類っぽくてかっこいいフォルムなんですけど、メダカにとっては天敵なんですよねえ。

 ヤゴは、自然界でも生きている昆虫なので、川に放したりしても無害です。ただし、あまり大量に放すと、今度は野生のメダカが餌食になってしまいます。
 ヤゴを見つけたら、即刻隔離して少しずつ河川に放流する。それが一番ですね。もちろん、ころころしてしまっても良いのですが、ヤゴを殺すのって勇気要りますよ。

「野生のメダカに影響が出るのは……」という人は、田んぼに放します。すると、カエルの幼生であるオタマジャクシなどを捕食するので、メダカにはあまり影響が出ません。田んぼは頻繁に水替えする必要があるので、水流に弱いメダカはさかのぼって来ないですしね。環境問題と、メダカの飼育は背中合わせです。メダカを飼い始めて、2chのテンプレなんかを見ると、必ず「皆さんも環境問題について考える機会になります」と書いてありますね。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示