メダカの珍行動 | 魔法石の庭3rd

メダカの珍行動

 ああ、うどんくらいしか食べる気がしな~い~
 ということで、お昼はうどんを食べました。母が職場から持ってきたうどんつゆで、ちょっと濃かった……お年寄りはこんなしょっぱいの食べて、血圧とか大丈夫なんだろうか(母は福祉関係の仕事)。

 さて、メダカですが。
 私が見た!メダカの珍行動を記録したいと思います。

 まずは、水草つんつん。
 石に勝手に生えてきた藻を、つんつんしている白メダカ。多分、お腹空いて水草食べてるんだと思います。
 この行動は、皆さんのメダカちゃんたちもよくしているかもしれませんね。メダカは雑食なので、水草も小さく噛みちぎって食べます。しかし、水草が枯れるほどは食べないので(視認してもよく分からない程度の噛み傷)、メダカの水槽には水草があると、飢え死にはしません。

 私がメダカと混泳させているアカヒレは、なんと木のおがくずまで食べた!という話もあります。
 メダカもそうなのかな?ともあれ、木くずが喉に引っかかる恐れがあるので、怖くて試せないのですが。

 あとは、「餌食べる→ぺっ」はよくやってますね。
 多分、自分の気に入らない餌はぺっと出しちゃうんでしょうけど。餌以外のものも、口に入れるとぺっと吐き出します。
 で、口に入れる→ぺっ→追いかけてまた口に入れる という遊びをしていたメダカが、横から来たメダカにさっと餌を取られていました。早く食べないから……。

 それにしても、メダカってあまり餌をガツガツ食べないんですね。
 うちの白メダカが特殊なのかな?アカヒレと比べると、アカヒレは比較的ガツガツいくのに対して、メダカはお腹いっぱいになるのが早い気がします。
 でも、上記のとおりに水草ツンツンはするので、消化は早いんでしょうかね?
 
 餌関係では、メダカなどの魚は、うちの祖母の持論で「良い魚は早く死ぬ。餌はあまりやらない方が長生きする」って言ってるんですけど、これってアクアリストさんたちに「合ってますか?」とお伺いしたいです。
 うちの「ばーちゃんの知恵袋」なんですけどね。

 確かに、以前水産系の施設に子供の頃行くことがあって、そこで「自分で選んだ金魚を一匹プレゼントします」と言われ、それまでに習ったことを頭の中で回しながら魚を選んだら、施設の人に「良い金魚を選んだね」と言われたことがあります。
 で、祖母の「良い魚は早く死ぬ」の通り、1週間くらいで水槽内でひっくり返っていました。

 というか、多分「良い金魚は早く死ぬ」じゃなくて、「繊細で取り扱い方が難しい」なのでは?と思っています。
 祭りで取ってきた流金と一緒にしちゃうとねえ……。

 あとは、メダカって結構うっかり屋なんでしょうか?
 水槽内を泳いでいると思ったら、ごつん!と音がして、一匹のメダカが壁に激突していました。
 そして、その「ごつん!」で、メダカたちが一斉に「ウェア!」と反応していました。メダカもびっくりするんですね。

 そういえば、メダカも様々な病気にかかるのですが、皮膚病だと、初期はメダカがかゆがって水槽に体をこすりつける仕草をするそうです。
 で、私としては、「えええ!?」とショックを受けました。というのも、「魚には痛覚がない」という前提の知識があったからなんですけどね。
 感覚あるじゃん!じゃあ、活け作りの魚とか、めちゃくちゃ可哀想じゃん!って思ったんですけど。

 多分、魚にも痛覚はあるんでしょうなあ……。「一流の職人がさばくと、魚は半身がなくなっても水槽に戻すと泳ぐ」って言いますけど、それは本当に一流職人の技なんでしょう。
 人間でも、致命傷を負ってもしばらくは息のある人とかいますし……そう考えると、我々は魚に対してもっとこう、考えるところがあっても良いんじゃないかと思いますね。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示